スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

かもめ食堂(おふざけ映画批評)

かもめ食堂かもめ食堂
(2006/09/27)
小林聡美、片桐はいり 他

商品詳細を見る



[この映画の最大の見所]
小林聡美が流暢にフィンランド語を話すところ


[あらすじ]
フィンランドのヘルシンキで日本食堂を経営しているサチエは、図書館で知り合ったミドリを食堂のスタッフに迎える。お客は、日本アニメおたくの青年しかいない店にボチボチ人が集まるように。悩みをかかえたフィンランド人、荷物が出てこなくなって困っている日本人など、個性的なお客さんたちが、かもめ食堂に集まり、サチエたちの温かな心がこもった料理でなごやかな気持ちになっていく。


[評価(5段階)]
     


[本人の真面目な感想]
何かを強く訴えるでもなく、ドラマチックな展開があるわけでもなく、ストーリーも登場人物も会話もあるのに、空に浮かんだ雲をぼんやりと見ているような、不思議な感覚の癒し系映画、といった感じだった。
そのなかで、異国の地フィンランド、ヘルシンキでかもめ食堂を構える日本人が出すコーヒーや、シナモンロール、日本食代名詞というべきおにぎり、定食などが、静かに淡々とすすむ映像の中で料理の音と共に印象的に香り立つ。。。
実際に、フィンランドというあまりなじみのない国で、日本食に出会ったら日本人はとてつもなく感動すると思う。しかし、ここに登場する人物(片桐はいり、もたいまさこ)は偶然出会ったサチエ(小林聡美)にものすごく感動するわけでもなく、かもめ食堂に来たことがまるで必然であったかのようにサチエとも出会っている。
評価が3つとなってしまったのは、私お気に入りの「もたいまさこさん」の出番が思ったより少なかったから、という紛れなく個人的期待が外れたのと、小林聡美ともたいまさこ、この2人が出てるならもっとフランクでおチャラケた会話の展開があってもいいかなと思った。実際この3人、ほとんど最初から最後まで互いに敬語(丁寧語)を使っている。それがこのかもめ食堂やフィンランドの風景などとマッチしていると言えばいるのだが。
何かに行きづまったり、悩みを抱えてる人はこれを見れば、解決策とはならないが、へたなサスペンスやアドベンチャー作品より、よほどその時間だけ現実逃避出来る、日常を忘れさせてくれる作品だと思う。
スポンサーサイト
22:37 | おふざけ映画批評 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

奥さまは魔女(おふざけ映画批評)

奥さまは魔女奥さまは魔女
(2005/12/21)
ニコール・キッドマン、ウィル・フェレル 他

商品詳細を見る


[この映画の最大の見所]
バリバリcuteに演じているニコール・キッドマン(御歳40)



[あらすじ]
物語は単純なリメイクではなく、「奥さまは魔女」の新シリーズが製作されることになり、ヒロインを探すという設定だ。例の“鼻ピクピク”ができることから、無名のイザベルが選ばれるのだが、じつは彼女は本物の魔女だった! イザベルが真実の愛を求めるドラマが、テレビ界の舞台裏も交えて軽快に描かれる。


[評価(5段階)]
    


[本人の真面目な感想]
海外ドラマの金字塔であるエリザベス・モンゴメリ主演の「奥さまは魔女」のリメイク劇場版。といってもそのままリメイクするわけではなく、奥さまは魔女のサマンサ役を、ひょんなことから本物の魔女「イザベル(ニコール・キッドマン)」がオーディションを受けて合格し、ダーリン役の自分本位な俳優と恋に落ちる物語。
テレビドラマシリーズファンをガッカリさせることなく展開する物語なので、ドラマとは別に楽しめる話である。
サマンサ役がニコール・キッドマンだが、今のハリウッド女優の中では適役だと思う。映画のニコールの役はやたらキュートさをアピールしていて、彼女の芯の強そうなイメージとは全く違う。そのキュートな演技をわざとらしく感じて敬遠してしまうか、逆に、あの歳でやる度胸!というか、難なくこなしたことに拍手を送るかは観てるあなた次第♪といったところ(o^^o)
テレビドラマでおなじみの鼻ぴくぴくして魔法をかける、というのはこの映画でも随所で見られるが、昔の映像技術が発達してない単純な魔法に見慣れてる私には、現代のハイテクな演出めいた魔法の映像は、逆に面白みが感じられなかったf(^ー^;
どうせ魔法が出てくるのだから、ベタでもいいから、恋物語の展開がもっとドラマチックなものになって欲しかったのと、ダーリン役の俳優をよく知らないからかもしれないが彼に魅力を感じなかったので評価は結果的にイマイチとなってしまった。
22:30 | おふざけ映画批評 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アメリカン・スウィートハート(おふざけ映画批評)

アメリカン・スウィートハートアメリカン・スウィートハート
(2002/09/04)
ジュリア・ロバーツ、ジョン・キューザック 他

商品詳細を見る



[この映画の最大の見所]
超おデブなジュリア・ロバーツ



[あらすじ]
人気女優の姉グウェン(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)の付き人を務めるキキ(ジュリア・ロバーツ)は、グウェンと別居中の夫エディ(ジョン・キューザック)をひそかに想っていた。しかしエディはキキを妹以上の存在としてしかみてくれない…。
ハリウッドの内幕を次々と暴露しながら繰り広げられる、ジョー・ロス監督の業界内ラブ・コメディで、出演も兼ねるビリー・クリスタルが製作と脚本を担当している。


[評価(5段階)]
     


[本人の真面目な感想]
豪華メンバーが揃ってる割には、内容に印象的なシーンもないし、役にも魅力が感じられない。
ジュリアロバーツ演じる地味な付き人はホントに地味だし、その姉はワガママで一流女優気取りというただの無能な勘違い女、その元夫でジュリアロバーツが密かに思い寄せている男はかなりドジで無鉄砲である意味危ない男。 その人達がドラマを繰り広げても話は全く面白くない。結局ジュリアロバーツが主役だから、美味しいところを最後に持って行くのは彼女だが、キャサリン・ゼタ=ジョーンズの派手な顔立ちと並ぶとジュリアの魅力的な顔立ちもかすんでしまうように思えた。そういえば「オーシャンズ12」でも二人は競演したけど、あのときもキャサリンゼタジョーンズの美しさは際だっていた。(←キャサリンびいきな個人的感想(^_^;))

20:57 | おふざけ映画批評 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

シカゴ(おふざけ映画批評)

シカゴ スペシャルエディションシカゴ スペシャルエディション
(2003/10/31)
レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 他

商品詳細を見る



[この映画の最大の見所]
リチャードギアの腹話術。



[あらすじ]
1920年代のシカゴで、スターを夢見るロキシーが愛人殺害で逮捕される。彼女が入った留置所には、かつてのキャバレーのスターで、夫と妹を殺したヴェルマがマスコミの注目を集めていた。しかし、人気弁護士ビリーがロキシーを担当し、世間の目は彼女に注がれる。
犯罪の薫りが立ちこめる1920年代の背景、華やかなスターへの夢に女同士の嫉妬、そして現実のホロ苦さ…。ドラマチック満点の要素が、ミュージカル・ナンバーが絶妙に溶け込む。レニー・ゼルウィガーのしたたかなヒロイン、キャサリン・ゼタ=ジョーンズの迫力のダンス、ギアの道化的な軽妙さと、俳優たちも大健闘の演技。舞台出身の新鋭ロブ・マーシャル監督が、ブロードウェイの舞台版とは一線を画し、あくまでも映像で魅せることにこだわった、「ミュージカル映画の見本」と言える傑作だ。


[評価(5段階)]
         


[本人の真面目な感想]
レニー・ゼルウィガーとキャサリン・ゼタ=ジョーンズの見事な歌とダンス、そして軽快なミュージカルナンバーの数々に、あっという間にエンターテイメントの世界へ引き込まれた。
殺人容疑の主人公が刑務所に入り、有能な弁護士を味方に付けて無罪を勝ち取ろうとするという、ドラマティックかつ悲劇的な内容を、ミュージカルという究極の娯楽でくくったこの作品、そのギャップが見ていて斬新で、単純に面白い。
脇を固める俳優達も、迫力満点、個性満点で映画を見ているのに、本当にミュージカルを見ているみたいだった。
耳に残りやすい歌の数々も心地よくて、繰り返し見たくなる作品だ。
20:34 | おふざけ映画批評 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

トゥーウィークスノーティス(おふざけ映画批評)

トゥー・ウィークス・ノーティス 特別版トゥー・ウィークス・ノーティス 特別版
(2006/10/06)
ヒュー・グラント、サンドラ・ブロック 他

商品詳細を見る



[この映画の最大の見所]
ほとんどこの二人だけしか出ていないところ。他の脇役がかわいそうなくらい。
ヒューグラントとサンドラ・ブロックの大ファンだけが楽しめる。



[あらすじ]
NYの不動産王のジョージは、経営が悪化しつつある会社を建て直すため、熱血弁護士ルーシーを顧問にする。ところがジョージはしっかり者の彼女に頼りっぱなし。彼の子守に疲れた彼女は「2週間後にやめる」と宣言。ジョージは必死に引き止めようとする…。


[評価(5段階)]
  


[本人の真面目な感想]
男と女の性格が対照的で内容もテンポ良く進んでるので退屈はしないかも。
ラブコメを織り交ぜたおしゃれな映画がお得意のヒューグラントの他の作品が好きならこれも気に入ると思われる。ただ、私的には、サンドラブロックとヒュー・グラントのカップルがいまいちしっくり来ない。。。彼の役どころが頼りない金持ち男なので、相手の女性が精神的に強いイメージでなければいけないのだろうが、やはりヒューグラントのお相手には、ジュリアロバーツなどもっと強さと女性らしさを兼ね備えたヒトがお似合いな気がする。
09:37 | おふざけ映画批評 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ターミナル(おふざけ映画批評)

ターミナル DTSスペシャル・エディションターミナル DTSスペシャル・エディション
(2005/04/28)
トム・ハンクス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 他

商品詳細を見る


[この映画の最大の見所]
映画のためだけに作った空港のセットと、
トム・ハンクスの終始冴えない顔と、イキイキした表情のキャサリン・ゼタ=ジョーンズのギャップ



[あらすじ]
スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演というゴールデン・コンビによる3本目の作品。東欧のクラコウジア(本作のために設定された架空の国)からニューヨークを訪れた旅行者ビクターが、母国の突然のクーデターにより“無国籍”状態になってしまう。アメリカへの入国許可が下りないまま、彼は空港のターミナルで9ヶ月間も過ごすことに…。


[評価(5段階)]
   



[本人の真面目な感想]
キャサリン目当てで見たので、彼女の出番が少なくてチョット残念だったけど、内容は面白かった。全体的にユーモラスな映画。トムハンクスの映画では一番好きかも。
00:27 | おふざけ映画批評 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レインマン(おふざけ映画批評)

レインマン [MGMライオン・キャンペーン]レインマン [MGMライオン・キャンペーン]
(2007/01/19)
トム・クルーズ、ダスティン・ホフマン 他

商品詳細を見る


[この映画の最大の見所]
“レインマン”というタイトルの由来



[あらすじ]
事業に失敗して破産寸前のチャーリーのもとに、絶縁状態だった父親からの訃報が届く。帰郷した彼は、父の遺産が匿名の受益者に贈られると聞きショックを受ける。その受益者とはチャーリーがその存在さえ知らなかった自閉症の兄レイモンドだった……。



[評価(5段階)]
     



[本人の真面目な感想]
1回目見たときには大して面白いと思わなかった。でも、2回目を見たら違った。自閉症という難しい役をさすが名優のダスティン・ホフマンが見事に演じているが、演技のため実際自閉症の人達と会って勉強したとのこと。トム・クルーズもこの映画を機に、単なるイケメン俳優にとどまらず演技の幅を広げていったような気がする。また音楽がイイ。最初は煙たがっていた兄の存在も、だんだんと受け入れていき、兄のIQ?の高さを武器にカジノで一山設けるシーンは見ていて爽快!
障害者の知能を金儲けに使っていいのかって突っ込みたいところではあるが、皮肉なことにこれを機に二人の絆が深まっていく。感動するラストではないが、あとあとまで考えさせられる人間ドラマである。
20:14 | おふざけ映画批評 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。