スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

アンティークのタイプライター

1930年代のタイプライター

typewriter

大きい。そして とんでもなく重い。





鉄でできてます。 

typewriter1





typewriter1






アンティークのタイプライターにあこがれていて(ボタンフェチなため)、ようやく見つけてオークションでGETしてしまいました。


この重厚感、堂々とした佇まい、存在感、やはり現代のパソコンにはない魅力です。


typewriter2





パソコンでは決して味わうことができない、 一つ一つに重みがあるハンマーの打ち込み。


typewriter8




重いキーを強く打ち付けるたびに、先端に活字のついたハンマーが、ローラーに巻かれた用紙の上に一文字ずつ印字されていく。。。
そしてキーを一つ打ち込むたびに、毎回一文字分、左へカタ、カタ、と用紙がローラー本体ごとずれていく様は、その風格と威厳さとはうらはらに、打つ人の気持ちを代弁しようという従順さ、ひたむきさを感じずにはいられない。



typewriter5



キーを打鍵した力の強弱によって、印字される文字の濃淡もさまざま、活字の位置もかすかに上下いびつなため、印字された文字列も少し凸凹状態となっている。
でもそれがかえって味になっていて良い。




せっかく待ちに待ったタイプライター、時々文字を打っては一人ほくそ笑んでる私は
若干気持ち悪いでしょうか?

しかし、そんな私を明らかにあきれ返って見ている旦那以外、うちの家族(たーちゃんとともたん)が
まもなくこの"重い鉄の塊"を見つけ出した暁には、完全なオモチャと化していることは、疑う余地はない。


それだけは断じて避けたいのだが…







スポンサーサイト
23:17 | nの雑貨 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

My パソ☆

vaio



昨年の暮に、手元に届いたマイパソコン☆

これはモバイル型だけど、専業主婦の私はもちろん外に持ち歩くことなどない。

でも、一目ぼれしたデザインと、本体はコンパクトでも画面はネットサーフィンを十分に楽しめるほどの広さがあり、大変見やすい。

Vista搭載のは初。 まだいまいち使い方に慣れてないし、うまく使いこなせるかわからないが、私の大切なモノの、ひとつデス。。。




23:54 | nの雑貨 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ガラス製のいれもの

goldなzakka☆




小さくてシンプルだけど存在感のある入れ物。


ガラスで出来ていて、植物や花を飾って使うらしい。

アジアン雑貨屋さんで売ってあって、このゴールドの感じがゴージャスなエスニック風
を醸し出しています。。。

入れ物の形もかわいくて、二つセットにして購入しました。

テーブルに置くだけで、高貴な雰囲気を味わえそうです☆





21:56 | nの雑貨 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

一日の疲れとストレスと汚れをとるモノ

ナチュラルソープ




ともたんは、おむつかぶれや湿疹が起こりやすいので、お風呂では
市販の石鹸やポンプ式のソープではなく、天然成分だけで作られた石鹸を泡立てて
洗っている。


この石鹸は、義兄が趣味で家で手作りしたもの♪

義兄は何かをこねるのが好きらしく(ピザやパンづくりetc)、石鹸作りもその一環らしい。
でも私たちにとってはとてもありがたい趣味を持ってくれたと思う(^u^)
ともたんのデリケートな肌にはもちろん、実際私も出産して以来、肌が以前にも増して乾燥しやすいし、人工的なにおいにも敏感になった。
妊娠中にダメだと思ったにおいに関しては、現在でも続いている。
いかに香料という成分が人体に有害なのかと、ベビーを産んだこの体が教えてくれている気がする。

この手作り石鹸は、水に少しでも浸していると、みるみるうちに溶けてしまうほどの繊細さ。
そんな贅沢なせっけんは、家計には厳しいが肌にはとっても優しいのだ


写真奥のケース付きの石鹸は別物で、以前友達から頂いたもの。
これも体に優しそうなので、今の石鹸がなくなったら使ってみるつもり。

優しく包み込んでくれるきめ細やかな泡で、一日の疲れを癒しましょー。


00:13 | nの雑貨 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

お気に入りのキッチン雑貨 めんどっちぃのでまとめて出しちゃえっ!!

キッチンに立つのはもともと好きな方ではない。

でも、少しでもキッチンにいるのが楽しくなるように、
お店やネットで見つけて気に入った雑貨を買ってそれらに囲まれていると、そのキッチンが自分だけの空間となって、
独特な雰囲気をかもしだし、、たちまち癒しの場に変わる。

まだ全部の雑貨が気に入ったもので揃えてる訳ではないけど、
本当に大好きな物に囲まれて暮らせたら、毎日の生活は潤いと安らぎに包まれて幸せになる。

またその雑貨達と過ごす時間が長くなれば、その分彼らにも、時を経てきた重厚な趣きと、存在感が備わってくる。
だから、ただ気に入ったというだけでなく、たかが雑貨と侮ることなく、本物の品を出来れば手にしたい。
本物は時を経るとますます磨きがかかり、何とも味わい深い素敵なモノとなる。購入者を裏切ったりはしないのだ。まさに“アンティーク”のような深みのあるモノに変化していくだろう。

そんな思いが詰まった、これからも私と共に年月を共にするであろうお気に入りの雑貨達を紹介したいと思います。


nabetukami.jpg
↑鍋つかみ。
こういうチェック柄って好きで、デザインが気に入って購入。
色違いをそれぞれ別の店で時期も別々に購入した。


yakumiire.jpg
↑調味料小分け用カップ
コレは「私の部屋」のショップで購入。
ガラスで出来てるけどすっごく軽くて扱いやすい。


glassjar2.jpg

これはアンティーク雑貨などを扱うネットショップで見つけたグラスジャー。コレクティブル商品で、ちょうどグラスジャーを探しているときに、この可愛さに一目惚れ!
カナダから配送されたもの。

fruitbasket.jpg
↑フルーツバスケット
コレは「キャトル・セゾン」で購入。
バスケットの素材の色合いと大きさの手頃なところに惹かれた

chair.jpg
↑スツール
これは地元のアンティークショップで購入。
このダークブラウンの風合いと、三脚で支えているというデザインに即決!

manaita.jpg
↑まな板
近所にある北欧雑貨「ワノンワン」のショップで購入。
立てたとき、普通のまな板より若干細長い。でもこの細長さが意外と扱いやすかった!食材を切るとき、今までよりスムーズになった気がする。デザインと機能性共にGOOD!

manaita2.jpg
↑フルーツ用まな板
これも「私の部屋」で購入。すぐこういった赤みがかったツヤのある、木の質と色に惹かれてしまうのだ・・・私ってば

magcup.jpg
↑マグカップ
これはなんと、北欧雑貨「ワノンワン」のショップで、200円以上購入した人に、先着順でプレゼントされたもの。
1人1個なんだけど、後から別も商品をダンナに買わせて、色違いをGETしちゃいました←セコい(^_^;)

kitchenrack1.jpg
↑これは今はもうなくなってしまった雑貨屋さんなんですが、そこで購入したもの。元々はペンキを剥がして白っぽい色だったんですが、購入した後ペンキ屋さんに塗り直してもらった。(ちょうど家をリフォーム中だったので)もうちょっと赤みがかった色が良かったんですが、白っぽい色の上に塗るのは難しいとのことでした。でもキッチンの壁が白なので、この濃いブラウンが映えてイイ感じ出してます

parcorater.jpg

parcorate2.jpg

パイレックスのパーコレーター
昔の映画や、私の大好きな海外ドラマ「奥様は魔女」でも使われていた、オールドパイレックス社のパーコレーター

これで休日の朝、コーヒーを入れるとまさに気分はアメリカン。おしゃれな休日の始まりを予感させます。。。

squarejar.jpg
↑スクエアージャー
インテリア雑誌「プラス1リビング」の通販で買った物。
フタは若干開けづらいんですが、ソレも初めだけで慣れればスムーズに開くようになる。
お茶好きな私ですが大量にお茶っぱが入るので便利です
sugarbinteacup.jpg
↑砂糖入れとティーカップ
砂糖入れは近所で購入したモノ。ガラスとステンレスの組み合わせがレトロ感出してます。
ティーカップはハネムーンで行ったスイスで購入。

tincantimer.jpg

tincantimer2.jpg
↑キッチンタイマー

“キッチンタイマー”なんてなってるけど、フタを開ければホラッ☆ 紅茶の葉を保管できるtin缶なのだ。
これは浅草の質屋で見つけて購入。デザインが何ともオシャレ。こういったTIN缶でキッチンタイマーになってるのってめずらしくない? ちゃんと時間になるとレトロな「ジリリリッ」って小さくなってチョー可愛い☆

yakan.jpg
↑“COPCO”社のやかん
“かっこかわいいモノ”ってのがいつも、雑貨を購入するときの私のテーマなんだけど、コレはお店で見つけた時まさにそう思った品。
フタは、傾けたときに落ちないように、かなり堅めのフィット感、あと沸騰して音が鳴るタイプなので、安全性もある。
つかみの部分はゴムみたいな素材で出来ていて、沸騰しても素手で触れます。

suitou.jpg
↑マックスウェルハウス(Maxwell House)社の水筒
アンティークです。ネットショップで購入。蓋兼カップのオレンジと本体のブルーという、色の組み合わせが憎いぜっ


また気に入ったキッチン雑貨が増えたら更新したいと思います~。
22:37 | nの雑貨 | comments (4) | trackbacks (1) | edit | page top↑

雑貨集め[JAZ社のアンティーク時計]

時計・・・特にアンティークだけどスタイリッシュでカワイイ時計が好き。(時計に限らず雑貨全体)

このたび、家にたくさんあるのにまた一つ、
気に入った時計が見つかり購入してしまいました(金ないのに・・・)
  クリックで拡大します
alarmclock[jaz]1.jpg

フランス「JAZ」社のぜんまい式 アンティーク目覚まし時計。1950年代のもの。

購入したお店は、アンティーク雑貨のネットショップ「アクセント」

ここで購入したのは初めてだけど、この可愛さにやられてしまい1日迷って注文。(←迷ったのかよ)

このかわいらしいフォルムに、大人っぽい金属の質感。。。たまらんぜっ!
早くネジを回したい~(←メカ好き

13:24 | nの雑貨 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ボタンフェチが高じて

タイトルには「ボタンフェチ」となってるけど、

実際は「スイッチフェチ」の方が正しいかも。

とにかく、自分が感じる“押し心地のいいボタン(スイッチ)”が大好きで、
過去に、我慢できずにネットや実際ショップに出向いて、ボタンの気に入った、あるモノ
購入してしまいました。

060213_1659~01.jpg

060213_1658~02.jpg

060213_1658~01.jpg



そう。 電卓です。

この3点は、どれも中古ですが私がネットで見て、
「なんて、押し心地が良さそうな電卓なんだ~ 最近では見られない代物だ~ワナワナ」

と感動し、冷めた目で見るダンナをよそに、オークションでゲットしました
もちろんいとも簡単に。競争率0です!
ヤッタネ! 

到着後、私はしばし、これらの電卓をあらゆる角度から眺め、
ボタンの押し心地を心ゆくまで堪能し、また正常作動を確認し、
そして歓喜に震えたのでありました。(あぶねえヤツ)

他にも電化製品や文具店で今すぐ手に入る電卓で、押し心地が気に入ったモノも家にありますが、紹介するほどの物ではないので省略。

そして先週末、またひとつ、電卓を手に入れてしまいました。

これです。

060212_1504~01.jpg


MERCURYの電卓。

楽天でも販売してました →参考のため、こちら

これが出るまでどの店入っても、私の求めている電卓は、
今日存在してなかったのに、今になって私の前に現れたこの電卓。

既にネットで3品(上写真)を手に入れ、もう満足だと思っていた矢先に、こんなレトロでオシャレなデザインで押し心地の満点なモノが世に出回るとは。


またしても、ダンナの冷たい視線を感じながら、この電卓を手にして、浮かれてレジへ行く私であった。

家についてさっそくしたことは。。。
お気に入りの電卓を飾ってみること。

こんな感じになりました。
060213_1700~01.jpg

だから何だよ。。。というのはナシで。

あとは押し心地の良い電話機(レトロ出来れば外国製)を
手に入れることを目標に日々雑貨集めをするとしよう。

23:42 | nの雑貨 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。