スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ひとりごと ホントひとりごと

たーちゃんのプール熱はやっと終わりを告げました。


みなさんの温かいコメ、ありがとうございました






さて

 *注意一秒 アホ一生 ボケの魂百までも*

  という、かの有名なフレーズがあります



ボケはじめて3十ン年、大喜利関係のブログにボケを投稿し続けてるけど、やっぱり敵陣は強豪でなかなか選ばれないですなぁ。


こんな所
こんな所こんな所(←ここはまだ2回くらいしか参加してないけど)に最近出没してお題にノってるんだけど、


やはり生半可な気持ちじゃダメなんだね。何事も。ってマジメに取り組んでるんだけど。


でも、私はインスピレーションを大事にするので、ネタを一晩考えて考え抜いて決める、、、てこと出来ないんです。


やはり大喜利は、その場でさっと思いつかなきゃ歌丸さんみたいに司会者になれないし(いずれなるつもりかよ)


出されたお題をその場で返すやり取りが大喜利の醍醐味だと思うので


せいぜい考えても1時間くらいですよ。(って考えてるじゃん)


ここまで来たら意地で優勝するまでやってやろう!


なんて気力もないんですが、だらだらと続けていくのはやはり


1回くらい優勝したいなぁ~って思ってるとかいないとか。




なので


地道にやっていきたいと思います。


突然ボケることに興味が無くなり勉学に励む人生を送るとも限りませんが。



ちなみに先に紹介したフレーズは「はいからさんが通る」(詳細はこちらコチラ)からの抜粋です  
いや~名言ですわ~
スポンサーサイト
13:50 | nの雑記 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

高熱が この親子にもたらしたもの

たーちゃんの高熱の原因は、やはり医者の判断で


プール熱でした。。。



今日はばあばも来てくれたからか、熱が38度~39度あったにもかかわらず、


日中元気だったんだけど、


昨日は高熱で元気がなく、坐薬の副作用も相成って


ずっとダウンしてた


プール熱は高熱が4、5日続くというもので、ひとによっては下痢や吐き気、


あと“なんとか結膜炎”(スイマセン忘れました(^_^;)といって、


目やにがひどくなるなどの症状があるらしい。



幸いたーちゃんは、今の所これらの症状はなく、高熱と喉の痛みだけなんだけど、


大人に移るとパワーアップするから、私たち夫婦は万全の体制?で警戒中。


でも移るって言われると、なんだかお腹が痛いような気がしたり、


体が重い気がしたりしてしまう私って、


マインドコントロールかかりすぎやん


だから今週は英会話スクールも育児サークルも欠席することになると思う。



土曜日かかりつけの医者が臨時休診だったため、もう1カ所ママさん達に評判の小児科へ行った。


ダンナも休みだから一緒に行ってくれて、


いつもの小児科も、今日行く小児科もママ達の間で有名なところだとダンナに伝えたら、


何を思ったか


「へ~、良かったね~。世界的に有名な小児科が2つもあって。。。」











は、はあ~?



ナゼに“世界的”だなんて、グローバルな規模になっちゃうんだ!?



こんな都心から離れたマイナー地区に世界的に有名な病院があるかっつぅのっ  しかも2カ所もっ!?



・・・。



と、たーちゃんの熱のことなど忘れて道端でツッコミ入れちゃいましたよ、わたし。。。


ダンナはそのあと言い間違えたと謝りましたが。





そして次の日の日曜日は、もともと寝起きが悪いたーちゃんが、プール熱で更に機嫌悪く、


起きた途端、食卓に、前日使った蜂蜜の瓶が出しっぱなしなのを見て怒りまくった。


「はちみつが~    はちみつが~



だ・め・で・しょー!!」




と言って、そのあと大泣きするたーちゃん。


寝ぼけ眼のうちら夫婦ははじめ、 ぽけ~っ  としちゃったけど、



どうやらはちみつをいつもの食器棚にしまってないことが


たまらなく許せなかったらしい。。。



テーブルの上のはちみつに目線を移し、これか、、、と、



黙って食器棚に戻しました






4、5日の間熱が続くなんてつらいだろうけど、あともうしばらくの辛抱だからネッ


ママはその間たーちゃんにチュー出来ないのに、たーちゃんは 


そんな私にチューを今日はいっぱいしてくれたね(うつるだろがっ)


治ったらいっぱいするからネ~ン
(いざ覚悟っ! なんつって



21:20 | nの育児 | comments (14) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2歳児のありふれた日常39「プレスクール体験」

先日のブログでは皆さんのコメントから、育児中の“とある悩み”に

アドバイスや共感をいただき、私の気持ちがすーっと晴れやかになりました!


みんなぁ~ アリガトウねーッ



たーちゃんに色んな方法で言葉遣いを注意してたら昨日の朝、


また「バカっ!」って言いそうになったたーちゃんだけど、


この時「ば・・・・!   ダメ・・・」



って「バカ」ってセリフを慌てて「ダメ」に言い換えたよ


このまま乱暴な言葉遣いがなくなるハズないけど、母親の言い聞かせって必要だなって思った


根気がいるけどね。




えーではあらためまして、


昨日は近くの幼稚園のプレスクール体験日だった。


本当は体験日って事知らなくて、たまたま電話でプレスクールがあるかを


聞いたところ、無料体験をこの日にやってると聞き、急きょ申し込んで午前中に行ってきました


ちょっと歩きだと遠いんだよね~ココは。


なので先日購入した“おにゅーなママチャリ”で んGOーッ!


この幼稚園までの道のりは、途中からゆるやかな坂があって、自転車に乗り慣れてない私は


少しの上り坂にもかかわらず、すぐに太ももの筋肉がやばくなりました。


うぐぐぐっ と踏ん張ってたーちゃんを後ろに乗せながら


えっせらおっせら漕いでたんだけど、ふと、 



思い出した。



このチャリ、変速ギア付きだった。。。


この間までチャリの購入に浮かれてたクセに、さっそくそのチャリの機能を忘れてる始末。。。(アホですね)


到着したら、総勢50組くらいの親子がわんさか、大きなプレイルームにいて


みんな床においてある色んなオモチャで子供を遊ばせていた。


この無料体験は1時間で、初めの20分間は各親子同士のコミュニケーションという自由時間。



いつもリトミックで一緒のママさん達もみんな来ていたから


知ってる顔もあって、場所見知りするたーちゃんも何とか


1時間、無事にプレスクール体験できた。


時間内でおやつが出たり、ちょっとした手遊びや歌をやったり、手作り作品も各親子一人一人分用意してあって、


園の雰囲気は良かったなぁ~。 


室内も日が思いっきり入って明るかったし。


途中、幼稚園の先生お手製の牛乳パックで出来たウサギに


各子供達が自分で目をつけてあげるって工作があり、


たーちゃんも、 ウサちゃんに目をつけてあげました。

PICT2148.jpg

↑ちぐはぐな目の位置が子供らしいでしょ


手も上下に動いて、口が後ろからパクパク出来るので


たーちゃんは喜んでた。


あともう一つはこちら。
PICT2149.jpg

これはプレゼントだったんだけど、


ストローの先をプーッと吹くと
PICT2151.jpg



ネコちゃんが出てくる~♪  というもの


人によってはこれが犬だったりヒヨコだったり


とってもカワイイおみやげで、たーちゃんは一生懸命膨らまそうとしてたけど、


あーらら、、、どうしてもスーッと吸ってしまい、しぼみすぎちゃったり、


ストローを外に引っ張り


こんなんなっちゃったり。。。
PICT2153.jpg




こんな感じで、ここのプレスクールは楽しそうだったので、年間費が発生するけど申し込みました♪



集団におじけづくたーちゃん、果たしてこのプレスクール生活で慣れてくれるかしら~?



でもこのプレスクール体験の緊張のせいなのか、はたまた、


その後の室内プレイルーム(有料)で遊んだのが原因なのか、



たーちゃんは風邪を引いてしまい、今日は寝込んじゃってるんです。




病院に行ったら、今プール熱が流行ってるから、もしかしてもしかすると・・・



って言われてしまった!


ガーン!!



さっき高熱でダウンしてたので坐薬入れたら少し、熱は落ち着いたけどまだ油断は出来ないなぁ。


プール熱でないことを祈る!


ということで、再びたーちゃんの看病に入りまっす(ロ_ロ)ゞ


皆さんへのコメは後ほどまわらせてもらいますね~
13:07 | nの育児 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2歳児のありふれた日常38「言葉遣い」

最近のたーちゃんは、これが2歳児の反抗期というやつか・・・(ピュ~ッ)って感じで、悪い子チャンになってます。


どんな感じかというと、


私やダンナが何か注意したりすると、すぐ





「ばか!」




って言います





さらに私やダンナが注意すると、ある時は





人に手を出します。



実際に叩かなくても、叩く直前の所まで手を上げた状態になってます







あるいは、私やダンナが注意すると





「うるさーい!!」




と逆切れします。






この間は、育児サークルの説明会の時にシーンとなっている会場で


思いっきりたーちゃんに



「バカーッ!」と言われました





周りはフォローできずに、空気凍り付くし。。。
(私も凍り付いたよ)






さらにその言葉遣いや態度で、また注意すると




「もう 知らないっ!(プンッ)」といって部屋へ駆け込んで言っちゃいます。




はあ・・・




だからあなたねぇ、 トトロにはまりすぎて悪い影響出ちゃってんだって





そうなんです。


これらの態度、あの、子供に優しさと冒険心を与える「となりのトトロ」の影響なんです。




別に「トトロ」には罪ないんですが(^^ゞ、



たーちゃんが影響された「バカ」とは

 → サツキが、お母さんの入院の件で納得しないメイに向かって怒って言った「バカ」



「もう知らないっ!」 →  そのサツキが「バカ」の直後に言ったセリフ。






ちなみに「うるさーいっ」って言葉と、すぐ物を投げつけるのは


今のところ何の影響か分かりましぇ~ん




たーちゃんは、いくら注意してもこれらのことをやめない。


もうどーしたら言わなくなるんだべさっムッカァ



これを私やダンナにならともかく、公園でもどこでもでかい声で(それはそれはでかい声で)


ハッキリクッキリ言ってくれるから 周りの反応にかなりビクビクしちゃいます、私。


きっと周りから見たら、「家で親がこういう言葉、しょっちゅう使っちゃってるんだわ。」


って勘ぐられてるのでは、、、って怯えちゃうのですよ。



もちろんママもパパも使ってないですよ(の、つもり)


でも「うるさいな~」はどっかで言ってたかもしれないけど、、、。



最近、「テレビそんなに見せてるか~?」ってくらいにテレビの影響で色んなこと言うたーちゃん。



お友達に声は掛けられなくても、その子のママさんには公園でも平気で声をかけるたーちゃん、



そのママさん達に会っていきなり



「あのね~ゴードンが、事故起きちゃったの!」

って、おっきな声で話しかけるし。


言われた方は何の事やらちんぷんかんぷん


ちなみに「機関車トーマス」の話なんですけどね。




同じ男の子を持つママさんは、言葉遣いに悩んでないのかな?



とんちんかんな話を周りに振りまくのはまだイイけど


汚い言葉は使わないでくれ~って願う気持ちで、今はいっぱいの私です。。。
13:52 | nの育児 | comments (16) | trackbacks (0) | edit | page top↑

昔話に花が咲く

たーちゃんネタを書こうとしたら、特にメモってないので内容忘れてしまいました。


なので以前、ダンナと寝る前ふざけてやってたオリジナル昔話、ここで披露したいと思います。(くっだらないよー)



その①(おじいさん口調で読んでください)
むか~し  むかし~  あるところに~、


おじいさんと  おばあさんが








住んでいませんでした。




おしまい。






その②
むか~し むかし あるところに



おじいさんと おばあさんが


住んでいました。


おじいさんは山へ芝刈りに、  おばあさんは川へ洗濯に


行きました。



おしまい。




その③

むかーし、 むかしー あるところに



キレイなお姫様が住んでいました。



お姫様は誰よりも美しくてキレイで心が優しい女性でした。



でも、そんなお姫様にも 人には言えない秘密がありました。



人には言えないので、ここでも言えません。






おしまい。








その④
むか~し むかし おじいさんとおばあさんが




銀行強盗をしていました。





おじいさんは刑務所へ、おばあさんはおじいさんだけに罪を着せ



逃亡しました




めでたし めでたし。








その⑤
むか~し むか~し



小さな少年がいました






カレはやがて大きくなり立派な大人になりました。















とまあ、 実にくだらないんですが、新婚当時私が「なんかお話しして~」と子供のようにだだこねて、ダンナに話してもらったり私が話したりしてました(←バカ)



そして、くだらない物語?を言い合った後、笑って寝るという新婚夫婦でした。(かなりおめでたい2人です)



21:01 | nの日常 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2歳児のありふれた日常37「クイズ」

たーちゃんがまだ赤ちゃんの頃、ばあばのお友達から布絵本をいただきました。


もう2歳8ヶ月になった今では、部屋にあるオモチャ入れの奧に眠っている状態だったんだけど、


今日の朝、たーちゃんがそのおもちゃ箱をひっくり返して、思い出したか?分からないけど(^^ゞ、


ふいにそれを手にした。


コチラです(o^^o)
060414_1253~01.jpg


中身をめくっていくとおなじみの、布で出来た動物さんたちが汽車に乗っている、、、


と言うだけなんですが、とてもほのぼのしていて、動物さんたちが“にぎにぎ”


“カミカミグッズ”にもなるので、赤ちゃんにはちょうどイイものでした


少し懐かしみながらたーちゃんと見ているとき、たーちゃんがママの質問に答えられるか、


急に思い立ち、テストしてみることに ニヤリ


まず最初のページを見せて060414_1253~02.jpg


「たーちゃん、パンダさんのからだって、ど~して


白と黒なんだろ?」



・・・と、大人でもにわかに答えられない難しい質問を、2歳児に投げつけてみた。


でも、どんな答え返ってくるかな~と興味本位で聞いてみたところ、たーちゃんは、


「ごはん食べるから~





。。。ごはん、、、かあ~。 ごはんと海苔を食べてそうなったって事かな・・・


と、2歳児の適当な回答を深読みするわたし





つぎ~(^^
060414_1253~03.jpg


「しまうまさんはなんでシマシマ模様の


体なんだろうね~?」





だから子供に向ける質問じゃないって>わたし







たーちゃん「・・・・・」


返事、返ってこない。。。





じゃ、じゃあ 次ねっ。
060414_1254~01.jpg



「ほ~ら、ぞうさんの、お鼻長いね~。 なんでこんなに


長いのかな~?」





たーちゃん「え?   こうやってするんでしょ?」


と右腕をぞうさんの鼻に見立てて上下に振っている。


そっかぁ~ 長い鼻をブラブラさせたいからなんだ~」



たーちゃん「ちがうでしょ。 食べたいからでしょ」


私「へ?   ああ、そうだね 食べたいからなのか~ (さっきのゾウのマネはフェイクかよ)」





↓さらにしつこい私。

060414_1254~02.jpg


   ライオンさんって強いよね~どうしてこんなに強いんだろうね~?」



たーちゃん乗りたいからでしょ。」





私「あはは~  そっかー。汽車に乗りたくて強くなったんだ~   。。。ライオンさんも乗り物好きなんだねー






    しぃ~ん。






「じゃあ たーちゃん。 キリンさんの首が長ーいのはな~んでっかな~?」(←のせるため必死
060414_1254~03.jpg







たーちゃん「えー!? 長くないよー」





「え"!?」
(キリンの首が長いって常識を真っ向から否定するとは!)


めんどくさくて言ったのか、本当に“長くない”と思って言ったのか謎である。 おそらく前者だと思うが
(この布キリンの首、、、あんま長くないからね



そしてついにラ~ストクエスチョ~ン
060414_1254~04.jpg




(・・・カ、、カバさんかい。。。)






カバについての謎が思いつかない。。。



カチカチカチ…
               



しばし考えたがやはり思いつかず、先程答えられなかった質問に再度挑戦してもらうことに。


「ねぇ たーちゃん  しまうまさんはなんでシマシマなんでしょー」(ホントしつこい






たーちゃん「んー?    歩きたいから」








ツッコミ入れたいところをグッとこらえて、





「・・・・・・・ブ、  ブラボー!! 




と、最後は自分なりの答えをちゃんと返した、という意味でたーちゃんを


褒めたたえました       いやはや(;^^A  



ムズかしい質問しちゃったね
これからはママがたーちゃんからの質問にいっぱい答えていくからね~

んでも おもしろかった

13:23 | nの育児 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2歳児のありふれた日常36「LESSON 2」

本日は、2回目の英会話レッスンの日!


あいにくのザーザーで、たーちゃんはレインコートと長靴で、私も一緒に手をつないで


てくてくと教室まで歩いていきました。 


今日は先週お休みした子も来たので、3人でのレッスン!


はじめに先生と「HELLO~」を一人ずつ元気よく?あいさつ。。。


たーちゃんは「HELLO~」と、相変わらずまだ声が小さいっ


まださすがに慣れないよね。。。


それに、今回子ども3人になったので、先週の2人より1人


増えただけでもう尻込みしちゃってる



そして次に先生は



「ホワッツ ユア ネイム?」  と一人ずつ問いかけた。



各自それぞれ


「じゅん(仮名)。」


とか

「あきら(仮名)。」


と答える中、たーちゃんは


「マイ ネイム イズ ○○(本名)」


と受け答えし、突然みんなをアッと驚かせたのでありましたエヘヘ


英会話に通ってから、お風呂場やリビングでたま~に、簡単な文を


遊びの感覚で教えていて、その中に


「マイ ネイム イズ ~」を何回か言わせていたんだけど、


まさかそんな数回のレッスンで、いとも簡単に覚え、


実践してしまうなんて、


たーちゃん あなた、パパよりもすでに英語上達しちゃってるじゃない!(笑) (パパは大の英語苦手




この英会話の教室は少人数制なので部屋もこじんまりしていて落ち着く感じになってる。



部屋の端っこには、色々な英会話のレッスンで使うと思われるオモチャが並んでいて、


見慣れないABCのパズルとか、ディズニーの缶カラに興味がいったたーちゃん。


レッスン中も、時々そのオモチャに目をやって集中力散乱気味。。。(^_^;)\(・_・) オイオイ


そしてついに、たーちゃんうっかりABCパズルを棚から落としてしまい、


パズルがバラバラに    というアクシデントが!


先生に「オッオ~」と言われてしまい、遊びたがる


たーちゃんの手を必死に押さえながら


保護者の私はアセアセな状態でお片付け。。。



「しぃましぇ~ん」イジイジ‥( ..)( __)イジイジ‥って感じでした



そして、数十分が過ぎた頃少し慣れたのか、


たーちゃん唐突に何を思ったか


「ガビーン!!


と大きな声で連発しだした。



何事か?と思いながらも、私はたーちゃんを膝に座らせ平静を保っていたが、


またしばらくすると、たーちゃんは



「ガビーンッ!!


と部屋に一発ギャグらしき言葉を何度も響き渡らせる。



こんな唐突なたーちゃんワールドにハマったもう一人の男の子が同じように


「ガビーンッ!」


と言う言葉を楽しみだしたので、再び私は気まずい気持ちになってしまった。。。



(OH~NO~   せっかくマジメにレッスン受けてる子を、遊びの道に引きずり込んでしまった~・・・)




だが、しばらくして早くもこのガビーンブーム”は去り(早っ!)


今度は口を閉じたまま「ぶ~っとツバ跳ばす勢いで


下品な音を、別の男の子がやり始めてしまった。。。(何だかもうレッスンメチャクチャになってる気が・・・)


これはじつは最近たーちゃんもよくやる悪い癖なんです。。。


いくら私とダンナで注意しても止めてくれない


それを他の子がし始めたもんだから、もちろんたーちゃんも


負けじと?「ブーブー」やり合ってた(もうワケわからんっ)



と、色々ハプニングはあったものの、先生に言われたことはみんなやり遂げていたので、


なんとか無事にレッスン終了~。




まだレッスン2回目だから、気疲れもあると思い、家に帰ったらすぐ昼寝すると思いきや、


私の姉が遊びに来たため、全に寝る気配なし!



夕方になっても



「眠くないっ」  と寝るのを完全否定!



こうなったら、、、、



と、夜まで頑張って寝かせない事にしました



5時頃、ピークが来たらしくテレビ見ながらリビングでゴロリと


横になり、目が閉じかけたのを私が慌てて


「たーちゃんっ!  お腹空いてない? ゴハン食べよっか!」






すると、食べ物には目がないたーちゃんは、再び目が覚め


元気になってくれた。。



ちょと悪いことしちゃったかな?



食べながら寝ちゃうかな・・・と観念したんだけど、


それからまたいつもの元気なたーちゃんに戻っていった。


それからなんだかんだ過ごして先程7時ごろ本格的な深い眠りに入り、


今に至っております


それでも布団の中では懸命に抵抗して寝たがらなかったけど、、、


突然力尽きてしまったのでした。


それにしても、こんな雨の日ってただでさえ眠くなる天気なのに、なぜ目がランランと元気だったのか疑問です。


逆に英会話の刺激で、眠れない神経になっちゃったのかな・・・?


それともそろそろ、昼寝卒業だったらそれこそ、



ガッビーンッ!!


なんですけど。。。


20:45 | nの育児 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2歳児のありふれた日常35「おしりふりふり♪」

今日ウチの方はあいにくの天気です


午前中、どんよりした雲行きの中、たーちゃんとリトミックに行ってきた。


1回50分間で、4月から3歳児コースにあがったので、動きがいままで以上に激しくリズミカルになり、一緒にやってる大人の私は断然2歳児コースよりも楽しいっ!


子どもそっちのけで、まわりが引くほどノリノリで踊ってしまう




そんなたーちゃんはと言うと、、、、



はぁ。。。。やっぱりノれないのよね。。。


多少ジャンプの所とか、くるるんっと回る動きは笑ってしてくれるんだけど、ソレ以外の手の振り足の振りがほとんど見られません。。。


すぐ私の後ろに隠れちゃうし。


このリトミックは、圧倒的に女の子が多く、女の子はほとんど張りきってダンスし、いかにも親子一緒にリズムに乗ってる!って感じで楽しそうなんですよ。


その点男の子はやっぱり控えめで、あまりやったことない曲のダンスだと、見知らぬ土地に来てしまった人みたく、ポケ~っとしてしまう(^^ゞ


これはやぱり本来持ってる男女の性質の違いなんでしょうか。



あんまり今回もノれなかったたーちゃん、帰ってきてすぐお昼。


激しい動きはママだけだったはずなのに、ほとんどごはんに口つけず意識が遠のき


060410_1313~01.jpg
こんな状態

ちなみにお昼は焼きうどん




まぁ、たーちゃんなりに頑張って踊った・・・ってことで ネッ



13:55 | nの育児 | comments (15) | trackbacks (0) | edit | page top↑

サクラチル頃

うちの方では桜が既に散り始めていて、そんな中、久々に気に入った曲があります。。。


歌番組を最近とんと見てない私にはまったく見知らぬグループだったんですが、


今日CDショップで確認してみたらどうやら新人のようでした。

なにかのCMではその曲が流れてるみたいで、そのCMで聞いた記憶はないんだけど、


よくいくお店で流れていて、そこでこの曲の存在を知ったのでした。


って、いい加減グループ名と曲名言えよ。って感じですね。


最近の歌に詳しければこんな回りくどい文章読まなくてもピンと来るでしょう。


それにしても、森山直太郎の桜、あとなんとかさんのサクラ、


それからなんとかさんのSAKURAと、サクラってタイトルで出せば売れるって


ジンクスになっちゃってますね。(って森山直太郎以外のサクラ、どれも知らないけど


とりあえずカナ・英字使った“さくら”が存在すると思われ(^^ゞ)



でも実際どれもいい曲なんですもんね。




だから早く曲言えよって感じですね。

すみません。


えっと、気に入った曲は、
「いきものがかり」ってグループの「SAKURA」です。



はじめ私はCDショップでこのグループ名を見て、
「いきものがたり」って読んでしまって、生き物を語っちゃってる人達なんだねって思いました。。。


でも実際のグループ名でも充分突っ込みたくなるネーミングだと思うのですが。。。


彼らの公式HP視聴のところをクリックすると聞けます




00:07 | nの音楽 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2歳児のありふれた日常34「神田さん」

またしても食事中たーちゃんが発した謎の言葉。。。



いいかないでしょー

















リズミカルに発していたたーちゃん。











私は聞いてみた。




「“いいかないでしょー?”・・・・・・・何それ?     誰が言ったの?」









するとたーちゃん、





「神田さん。」















神田さん。。。。?



神田さんと言って、私は真っ先にある人物を思い出す。


試しにたーちゃんに尋ねてみることに。









「・・・神田、、、山陽(さんよう)・・・?」










たーちゃん「そう!」










!!                当たっ・・・た。(まさかホントにそうとは!)









え~、


・・・さんようさ~ん  “いいかないでしょー?”ってどういう意味~?


※神田山陽さんについてはコチラ






19:09 | nの育児 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2歳児のありふれた日常33「LESSON 1」

さてさて

「たーちゃん英会話に行く。の まっき~」

であります。





って、前回その様子をアップするとか言っときながら、

ぜんっぜん、ネタ的なことなかったんだよな~(;^_^A アセアセ…



実は本日ではなく、この間の火曜日がその初日だったんだけど、他の内容を更新したので書けずにいました。





たーちゃんは、相変わらずおとなしかったけど、普段場所見知りするときに私にしがみつくようなそぶりや、人がいると部屋の隅へ逃げて殻に閉じこもることもなく、思った以上にレッスンを平然と受けてくれた。


レッスン前、少し公園で遊ばせてテンション高めさせたという効果も少しはあったのか、、、はたまた、先生は美人で優しい人だと何度も暗示のように説明して実際担当の先生見て機嫌が良くなったのか。。。



原因はわからんが、これは確かに良い兆候なので文句や不満はない。



だからたーちゃんはとてもお利口だった。




ただ、ブログにするネタにならなかっただけだ。



本当にお利口だ。




たーちゃんはほとんど笑顔にはなれなかったものの、きちんと「HELLO~」と答え、何か渡されれば「THANK YOU」と言えた。(私が耳元でささやいたからだが)


レッスン修了後、テキストブック(いっちょ前に2歳児でテキストブックだと)が気に入ったらしくて、ママに返してねといくらいっても、イヤだと頑強に握りしめていたたーちゃん。


    こんなテキストやってんだぜ、  オレってカッコイイ~♪

ってちょと自分で思っちゃったのだろうか。



よく行くリトミックの20人以上の集団には怖がるけど、2、3人の少人数がやっぱり、たーちゃんにはちょうど良いのかもしれないな~


これから温かい目で、ママもレッスン一緒に受けて楽しむことにしよーっ


ただ心配なのが、たーちゃん、大人には非常に態度がでかい!!



だからそのうち先生や受付のきれいなお姉さんに、思いっきり絡み出すんじゃないかと少々ヒヤヒヤ ヒョエー


まあそこまで慣れてくれれば大したものだけどね~



どうなることやら。。。かくしてたーちゃんの英会話レッスンはスタートしたのでありました。


さっそく、私の大好きな「奥様は魔女(海外ドラマ」とディズニー映画英語版のDVDを見せて、ベラベ~ラ~な子になっちゃってくださいよ~!(←自分が見たいだけだけど)





(アレ?  前回の日記の内容と違うぞ・・・)


(前回の日記より抜粋)    
>別に英語をしゃべって貰いたいと願ってるわけではなく、(将来しゃべってくれたらそりゃウレシイけど)

日本語以外の言葉もあるんだよ、とか外人さんの存在とか、

英語自体に親しみを持ってくれるといいな、という思いか

ら、習わせることにした。




・・・・

ん?    



あ、 いやっ  もももちろんそう考えてますよっ   もちろんっ・・・






14:20 | nの育児 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2歳児のありふれた日常32「それぞれの現実逃避」

たーちゃんは相変わらずトトロに夢中。


男の子でもこんなにハマるもんなんだなぁ…


彼は最近トトロの世界に一人浸っていて、


映画に使われてるセリフを突然日常の会話に取り入れだす。


この間は、料理してるとき自分の部屋からたーちゃんが駆けてきて私に向かってこう叫んだ。


(メイのセリフ↓)

「あなた・・・ トトロっていうのね!
 (体型が)」









         









またある時は私の姉が遊びに来てくれたとき、自分の部屋で


たーちゃんが壁に両手を近付けて何かをつかまえるしぐさを


ずっとやっていた。


わたしが、この子は何してんのかと姉に問うと


まっくろくろすけ取ってるみたい…」
と。


そのあとたーちゃんを観察してると


まさに“なりきりメイちゃん”になっていた。


壁をつたいながら、大人である私と姉には全く見えない“まっくろくろすけ”を


音を立てないように、シ~ッと口元に指当ててうちらに目配せしながら


一生懸命視線追っている。。。



そしてある場所までくると、これまたそ~っと両手を壁にあてがい


つかまえた。。。」と耳打ちするくらいの小声でささやく。



私と姉はここでおおげさに


「わ~ すご~い!  つかまえたんだぁ~」
とノってあげる。


たーちゃんはそれはもう大満足な様子。




オムツ変えてるときには

(サツキのセリフ↓)
「あ~  風になってるー


って言っちゃうし。




そんなに気持ちいい?(っつうか早くオムツ卒業しろよ)








こうしてたーちゃんはトトロの世界に入り込んでいるんですが、


でもキミ、そのまえに会う人がいますよ。


5月の半ば、ダンナと話してミッキーの国行きが、けってーい イエイイエイ




と最後にミッキーに持って行かれてしまったトトロ・・・ごめんよ




こうして、ママはミッキーの世界、たーちゃんはトトロの世界へそれぞれ行っちゃってるノーテンキ親子でありました。。。

14:31 | nの育児 | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2歳児のありふれた日常31「強い子?弱い子?」

今日も午前中、公園に行ってお遊びした。

ちょうど、滑り台を怖がるたーちゃんを後ろから私が「えいっ」と押し、

まさにカメがひっくり返ったような間抜けな格好でたーちゃんが滑り降りる瞬間、友達親子がやってきて

さわやかに「こんにちわー」とあいさつ。


その後、たーちゃんはブランコに乗って、ママと手をつなぎたいと片方の手を放した途端、

器用に頭を打たないようにしてブランコからどすんと勢いづいて落っこちてしまった。。。

何度も手を放すなと言ったのに~。。。


たーちゃんは私に走り寄り、落ち込んだ顔したものの泣かなかった。

人を怖がる割に、変なところで強いたーちゃん。

昨日もブランコから落っこちたのに泣かなかったし(しかも頭打った)、病院に行っても平然とした顔をし、

注射打たれても泣かない。まさに打たれ強い子なのだ。(←意味が違う)

ちなみに歯科検診の時も泣かなかった。


だからたーちゃんは我慢強い子なんだと我が息子ながら感心していたが、

どうやら自分に起きたことが脳に伝達するまで時間がかかっているだけの、単におバカさんなのかもしれない、、、、

と最近ではひそかに案じている。。。


それに泣いた後も立ち直りは意外と早いように思う。

たまには私も本気になって子どもに怒ることもある。(たまにだよ)

もちろん、私が本気になればたーちゃんは泣く。えんえんと思いっきり泣く。


もちろんその後にハグしたりちゅーしたりしてフォローはちゃんと行うけど、

泣いたからってすぐ許すわけではない。


この間も、食事中たーちゃんの態度や偏食のことで怒った。

本気で私は怒った。 子どもからしてみれば確実に怖いと思う態度で怒っていると示した。


たーちゃんは泣く。この時も 涙をポロポロこぼしてうわんうわんと泣いた。


そして、まだママが許さないとわかり、どうしようもなく悲しいと顔をグニャっとゆがめて泣いていた。

そのうち下を向いて、くすんくすん言い出した。


「くすん・・・くすん・・・くすん・・・えっ・・・えっ・・・えっ・・・くぅっ・・・」


たーちゃんはそんな声を上げながら顔を上げた。


それでも私はまだ顔の表情をゆるめない。

甘えてるのは分かっているけど、いつでも許すとは限らないのだ。

ママがこれだけ怒っているのを分からせることも時には必要なんだぞ。


涙はまだ目に溜まっている。

「えっ・・・ うえっ・・・ うえっ・・







     うえっ・・・・・へっ・・・へっ     えっっっへへへへへへへ~~~  









          ンハハハ・・アッハハハハハハハハハーッ













ってオイ!










おそらく、泣いてる自分が可笑しくなったのだろう。



・・・ってまるっきり私が怒った顔してるの意識してないじゃんっ!




そんなたーちゃんにつられて怒りモードがふぅーっと消えていったママゴリラではあったけどね。。。




結局、身内には魔王並みに強気になれるってだけか?

20:02 | nの育児 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2歳児のありふれた日常30「そう言われて見れば・・・」

たーちゃん作。
060402_0939~01.jpg





私 「これ何の絵?」



























たーちゃん  「くれよんしんちゃん。」












060402_0939~01.jpg









こ、 これはっ!!






た、確かに見える!!  







「しんちゃん」に     見えるぞ~っ!!









たーちゃん上手いではないか~~~っ!!










と朝っぱらから親バカぶり全開で騒ぐ私とダンナであった。





たーちゃんがこれを描いた理由。
昨夜、テレビでやってた映画「くれよんしんちゃん伝説を呼ブリブリ3分ポッキリ大進撃」を見た後だったから、描いてみたくなったのでしょう、きっと。




しんちゃんの頭が異様に細く伸びてるのと、目玉の上にさらに“目”らしき黒丸があるのは2歳児ならではのご愛嬌、、、ということで






23:39 | nの育児 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。