スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

3歳児のありふれた日常2「英会話の効果」

たーちゃんが英会話を習い始めて半年が過ぎた。


おかげさまで、初めは固まっていたたーちゃんだったが、今ではすっかり先生にもクラスのお友達にもなじんで堂々とレッスンを受けてくれている。

英会話の上達も日に日に見られ、親としてはウレシイ限りだ。



特に3歳児のくせに「R」の発音がかなり良く、英会話の先生のお墨付きをもらうほど(笑)


そのことを先生はどうやら勘違いして

「きっとお母さんが普段上手に発音して、家でも教えているからでしょうね」
と言ってくれたのだが、

実際は、英語で歌うCDや、たーちゃんが好きなディズニーのDVDを英語で聞いてる影響だったりする。。。



今日の夜は、少し風邪気味で薬を飲んでいたせいかぐっすり寝ていたたーちゃんだったが、何やら途中でゴニョゴニョ言ってるので寝室を覗いてみた。



すると、いつも通りの寝言がはじまる。


余談だがたーちゃんの寝言は本当に大きい。普通にしゃべってるみたく唐突になにやら発するので、リビングにいる私はいつも反応し、起きたと思いこんでいつもたーちゃんに騙される。


とりあえずこの時は寝相の悪さと、少し汗もかいていたので身体を元の位置に戻し終える、と。 



たーちゃんは叫んだ。



「ん、んん~・・・・シ、シックス!    ・・・フ、フォーティーッ!!











寝言が英語!!!










“英語の夢を見ると、それは上達した証拠だ”とはよく言うが






たーちゃん
君が“バイリンガル”になる日は近い
 キラン
スポンサーサイト
18:10 | nの育児 | comments (13) | trackbacks (0) | edit | page top↑

工作!

クリックで拡大します
PICT2614.jpg



育児サークルで、紙皿のフォトフレームを作りました。


周りに飾り付けたモノは落ち葉やどんぐり(まだあまり落ちてなくって少量)、スパンコール、いろんな形のマカロニ達でした。



ボンドやノリでぺたぺた貼り付けるだけなのら




なんとなく、秋の雰囲気は出たかな~と思っとります!



簡単なのでお気に召したら作ってみては。
ちょっとした思い出になるかも~(o^^o)

19:12 | nの育児 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

昔の友人と会う

たーちゃんが先日、生まれて初めて“オリジナルキャラ”というものを生み出した。


その名も“ビックリおばさん♪”




これがその“ビックリおばさん♪”の実態である。(クリックで拡大)




たーちゃんは、この絵(同じ絵)を何枚も描きながら
「ビックリおーばーさん」とメロディをつけて歌い続けた。






一体何がビックリなのか。。。









話は変わって、
今日は小学校時代の友人と、約13年ぶりに会った。

現在静岡にいる彼女は、小学校時代過ごした私の町に、彼女のお婆さんがいると言うことで時々は戻ってきているらしい。

年賀状のやり取りは小学校卒業以来も続けていたんだけど、今までずっとそれだけの交流になっていて、今回ちょっとしたキッカケで私の実家を訪ねてきてくれて、ケータイアドレスの交換し、会う約束につながった。


13年ぶりというと、小学校卒業からの年数を数えると私の年齢と合わなくなると思うかもしれないが、20歳前後の時に一回だけ彼女に再会しているので、今回その時から約13年、となったのだ。


小学生時代の話を一緒に語り合う友達は彼女だけだったので、とても懐かしかったしあっという間に時間が過ぎて、日常を一時だけ忘れられた気がする。

過去の年賀状のやり取りでは特に触れなかったけど、今回再会したことでお互いの近況報告をしていたところ、なんと彼女は総合病院で外科医を担当しているということ!!


昔から私と違って頭良くて、中学も私立の学校へ進学していたので納得はしたのだが、はじめ聞いたときは本当に驚いた


彼女の話を聞くと、ニュースにされるような医者のイメージとは違い、医者というのは常に勉強し、勤務も過酷で休みも取れず、背負ってる責任も大変なんだなぁ。。。と思った。


ランチをしながら彼女と会っていた2時間はあっという間だったけど、これからはもっと頻繁に連絡し合い、会えるときには会おう!と約束して別れた。


それにしても今年は懐かしい友人、知人に会う機会が偶然重なっている気がする。


彼女の他には、近所のTSUTAYAで高校時代の友人と再会し、お祭りでは中学時代の同級生の不良が、良いパパになって子供を抱っこしていた。
勤めていた会社の人達にも、飲み会で久々に3月ごろ会い、中学時代の同級生の男の子が、とあるテレビ局のカメラマンとして働いているのをテレビで見かけた。(コレは“会った”とは違うか)



なんだか今年は“懐かしい人に会う年”なのだろうか。。。


地元である今の住居に引っ越して約3年半、、、ちょうどそういう時期なのかなぁ。


だけど今のところ、子供がいるママ達の中に、学生時代の知り合いは一人もいない。。。会ってもおかしくないのになー。


幼稚園入ったら誰かちゃんちのママやパパに、知り合いがいて、また懐かしい再会があるかもしれない
00:01 | nの育児 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

幼稚園合格!

今日は願書提出日、そして午後には合格通知と入園手続きがあって、とっても慌ただしい一日でした。


午前中の願書提出は、数人で部屋に入って遊んでる様子を先生が観察、その間に親は、子供との接し方などを記入して待機、、、という流れ。



その日の午後にもう合格者が決まるって事は、午前中の子供の観察や書類記入は形ばかりのもので、願書出した時点で全員合格が決定してるって事らしい・・・少子化だからね。。



たーちゃんは、何が起こってるかはまったく分からず(まだ3歳ゆえ、気楽なモノだわ(^_^;)、一通りのことが終わるとすぐさま園庭の遊具へ直行!遊びほうけてました。



これで、とりあえずは入園も決まって一安心。

この幼稚園は制服が無く、私服で登園なの。
(男の子だから毎日適当な服着させちゃえ~っ)

あと指定の帽子以外のもの、(カバン・ボール入れ・靴入れ等)は今後手作りとなりました・・・


料理のみならず、裁縫も苦手なのに、私ったらまるで自らをムチ打ってこの幼稚園を選んだみたい。。。


いやいや、これらの苦労を背負ってでも、やはり家から最短の幼稚園というのは何かと心強いかと・・・



(汗)




最短とはいえ歩いて20分程で、赤ちゃんを抱きながらの送り迎えは辛そうなので、バスはお願いしました


たーちゃんは、まだママと離れるところという認識はあまりないみたいで、ただ幼稚園の遊具に魅力を感じていて登園するのを心待ちにしている状態。


現実を知ったら、、、たーちゃん、、、大丈夫だろうか



00:17 | nの育児 | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。