スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

コナンを読んで

先日コナンの最新刊58巻が出ました。
で、買ってきました。
で、読みました。
で、以前ブログで書いた予想が一部(水無怜奈関係)が、的を得ていたので私はダンナに「どんなもんだいっ!!ヘヘンっ♪」と少し得意げになっていました。

でも、やはり肝心の黒の組織のボスの正体に関しては全く情報らしきものがない気がして、また気を揉んでしまいました。

内容的には組織がらみの話が多かったので楽しく読めたんだけど、ボスは一体誰なのか??? 読むたびに気になって育児が若干おろそかになってしまう~~~、なんて・・・いけない いけない(O.O;)(o。o;)


今回の最新巻の中には、「あの方」と、ジン達の会話からはボスに触れるセリフが何度か出てきました。

その会話からボスが誰かって言うヒントがあるといいんだけど、、、読んでも全く分かりません。

ボスは、いつもケータイメールでジン達に命令をしているのでしょうか?
でも、コナンが連載され始めた当初は、携帯電話って広まってたっけ?
ケータイでなければパソコン?常にモバイル用を身につけていて連絡してるのか。それとも直接電話?でも、今回の話の中で、外にいる状態でボスからの連絡がジンにあったような気がしたんだけど、、、。ってことはやっぱりモバイル系かな。。。

まあ、伝書鳩でないことは確かだとおもう。ちなみに伝書ガラスでないことも、間違いないであろう。。。(いくら黒の組織だからと言って、ね。)





ちなみに一点気になったのが、



どーした ジョディ~~~~!!



今回のあなた、誰かの変装と違いますよね!?


そうかと思ってしまうほど、今まで頭の切れたあなたと大違い、かなり勘の鈍いブロンド女性になってしまってるんですけどっ。
あと、ジェームズ・ブラックさん、あなたもです!


赤井が、いくらコナンと同じくらいのクセものだと強調したいからって、周りのジョディやジェームズのキャラ変えすぎ!
この二人、すごくマヌケキャラになってます。
コナンと赤井の考えを全く読めてないし、新しいキャラの仲間を全く見抜けてないし。
今までのあなたたちなら赤井と同じくらい相手の行動を読めたはず!
なのに、この二人、コナン達に出し抜かれたときの間抜けな驚き顔と言ったらもう。。。登場したての頃のあの鋭さは一体どこに。。。

もうどうでもいいキャラになってしまったのでしょうか?

一部ではジェームズ・ブラックが、組織のボス? なんて予測している人もいるらしいけど、その可能性は今回のあなたを見る限り、、、、

ない。

組織の誰かが変装、してませんよね?しつこいですが。それくらいキャラに違和感が・・・。

この予想だにしなかった展開で、思考回路がストップしそうですよ~。
でも次回の最新巻は、黒の組織関係とはかけ離れた事件が中心なんだろうな~~
スポンサーサイト
20:11 | nの読書 | trackbacks (0) | edit | page top↑

結婚記念日

今日は私とダンナの結婚記念日でした。

結婚して8年。早いものです。。。


逆算していくと分かるとおり、結婚式を挙げたの1999年7月24日。


そう、あのノストラダムスの大予言、恐怖の大王が空から降ってくる予定だった、あの月です。


彼の予想が外れたおかげで、この年まで幸せな結婚生活、そしてその間に可愛いわが子を授かることが出来ました

そんなささやかな幸せを噛みしめながら、
今から「探偵学園Q」を観たいと思います


22:06 | nの雑記 | trackbacks (0) | edit | page top↑

忙しい主婦の娯楽とは

最近ともたんとたーちゃんが寝た後、自分の時間はもっぱらドラマを見る時間に変化している。

たーちゃんがおなかの中にいたあたりから、ドラマはめっぽう見なくなっていたのに、前クールのドラマをさりげなく見ていたことがキッカケで、この7月からのドラマも自然と内容を期待するようになって見始めた。

とは言え、ドラマ好きな人に比べたら、見ている本数はまったく少ないんだけど(^。^)


んで、今見ているドラマは
・花盛りの君たちへ~イケメン♂パラダイス~
・探偵学園Q
・山田太郎ものがたり

の3つほど(^_^;。

もともとシリアス系やドロドロ系が苦手なので、上記に挙げたドラマみたく、あまり考えずに気楽に見れるドラマは適度にリラックスになって楽しめるし、疲れも取ってくれそう。
でもタイトルから分かるように探偵学園Qは例外。探偵ものとくれば興味あるし、元々はダンナの強い要望で見始めました。

あと今週から始まるテレ朝の「すし王子」(毎金)も気になるので見てみたいと思ってます。

疲れてても、子供が寝てくれたら自分の時間が欲しくて寝るのが惜しい、という時間にたいして貧乏性な私。そんなときには何も考えずにぼーっとしながら娯楽を味わえるドラマやバラエティは適度な気分転換になりますね。
特にドラマだといつのまにか現実逃避してのめり込める場合もあって、それも逆にストレス解消になります。
私は最近のバラエティはあまり楽しめないので、ドラマを観てその世界に浸れるっていうのは、つかの間の夢物語を見せてくれる癒しになるな~って最近思うようになりました(遅い?)

なんて日常に満足してるように書いたけど、ほんとは何も考えないでだだっぴろ~~い草原に寝っ転がって、青い空にぽっかりと浮かぶ白い雲が流れているのをまったりしながら見ていたい。それこそ本当に現実から逃れられる最高の開放感が味わえるんだけどねえ、、、、
しかたないか~


というわけで、今から「花盛りの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」を観たいと思います
21:03 | nの日常 | trackbacks (0) | edit | page top↑

夏休みスタート~

今日は昼過ぎに家族でお出かけ。と言っても近所。

一足先に私とたーちゃんが家を出て、ダンナは少し遅れてともたんをベビーカーに乗せて、あとで合流することになった。


いつもたーちゃんは、通りに出ると、私の隣まで追いついてきて、ぎこちない動作で手をつないでくる。その瞬間がたまらなく私はウレシイ

こうして自分から手をつないでくれるのはいつまでなんだろう。。。
いつまでもそうしてくれたらいいな♪
温かいたーちゃんの手を握る感覚に、幸せを感じながら会話が始まる。

たーちゃんは素朴な疑問を時々ぶつけてくる。
家にいてもそうだけど、外で歩いてるときもポンポン疑問は出てくる。

もう世間では夏休み。たーちゃんも大好きな幼稚園がお休みだから、すこし納得がいかないらしい。

「ようちえんはー、あした行かれるの?」


聞いてくる感じから、その質問に「YES」の回答を求めている感じが伝わってくる。


そして私は答える。
「ううん、しばらくはずっと休みだよ。」

幼い子が抱く淡い期待を、ザックリと切り捨てた回答を私は言い放つ。



「ずっと?   いつまで?」

たーちゃんはそのまま質問を続ける。


私は答える。
「今7月だから、次の月の8月中はずっと休みなのよ。 9月になったら行けるよ


かなり期待はずれな回答を聞いて、たーちゃんはコロっと質問を変える。

「パパは明日は、休み?」



連休を取ったパパ。理由は明日(24日)が結婚記念日だから
私は答える。
「明日はお休みよ」




「パパはずっと休み?」


私は答える。
「残念ながら、パパはあさってからまた会社なの。」




たーちゃん「・・・それで、幼稚園はあさってからある?」



なかなか現実を受け止められないたーちゃんに、私はたたみ込んで言う。




「それも残念ながら、幼稚園はしばらく休みなの。 8月の終わりまで。
・・・ホント、 残念・・・。。。」





そう言いながら、自分自身が一番“幼稚園が休み”という悲しい現実を突きつけられた気がして、ショックを受けるのだった。。。






はぁーーー、長いなぁ~ 夏休み。。。
21:18 | nの育児 | trackbacks (0) | edit | page top↑

0歳児のありふれた日常2「寝返るお年頃☆」

いきなり今日になってともたん(生後5ヶ月)は、寝ながら横向きになって、そのまま熟睡するようになった。


横向きで寝ている姿を見ると、既にもう赤ちゃんから脱け出したかのような風貌に見える。

しかし 口にはしっかりと睡眠時の必須アイテム「おしゃぶり」をしゃぶった状態だから、見ればやっぱり赤ちゃんなんだけど。


思い起こせば、たーちゃんの時も、ある日突然横向きで気持ちよさそうに寝ていたことがあったなぁ。。。赤ちゃんってみんなやること一緒なんだね☆
でも横向きが楽ちんだからと言っても、しばらくするとそれが今度うつぶせに転がりだして危ないので、注意して見なきゃいけないなぁ。「うつぶせ寝」は乳児突然死症候群の原因の1つになってますもんね。
それに、まだ元の仰向けに戻るほどの筋力がないから、そのまま突っ伏して息が出来なくなったら大変!
横向きの姿も可愛いけど、やっぱり赤ちゃんは仰向けで両手を無防備に上の方へ投げ出してすやすやと寝ている姿が一番愛らしい

そんな姿を見れるのも、ほんの一時の事なんだよな~。。。
日中は何かと寝ないともたんに嘆いてても、すぐにこの日が懐かしくて、いかにこの一瞬が貴重だったかを思い知らされるのだろう。

二人目なのに、ともたんの写真を撮る枚数の抜かりの無さを見る限り、あとあと後悔しないとは思うが、この一瞬は大切に大切に過ごしていかなければならないと思う。
00:31 | nの育児 | trackbacks (0) | edit | page top↑

たーちゃんの絵のセンス






たーちゃん作、幼稚園での作品です。

先日、幼稚園で納涼祭がありまして参加した際に、教室の壁にクラスの子達全員の作品が並んでおりました。




これはいったい・・・?



見て一言言えるのは、他の子達よりずいぶんと描き方が単純なこと(o^^o)
ただ左右にシャカシャカと絵の具の筆を動かしただけのような・・・
そんなことはないかい?



両親に似て、絵の才能は今のところ開花されていないところが少しばかり悲しい。



しかし、この色のコントラストはなかなか工夫されているような気もする。というか3歳の男児が好む色でしょうか?
何だかずいぶんと、ドス黒い色をセレクトしましたなぁ。。。たーちゃん。




果たして一体これは何の絵なのか。


気になった私はたーちゃんに尋ねてみました。


「この絵のテーマは何?」





するとたーちゃん、こう答えました。





「きたない水。」










・・・・・・・・。




だそうです。。。






・・・・たしかに たしかに。

言われてみればその色合いはまさに、“汚らしい水”のようだ。




たーちゃん、幼稚園の年少さんという幼さにもかかわらず、環境問題という難しいテーマを、“水彩画”という芸術的な表現方法でリアルに突きつけてくるとは。 
なかなか奥が深い3歳児である。




絵の上手い・下手はともかくとして、一体どういう経緯でこの絵を描こうという発想が生まれたのか?



担任の先生に細かく質問してみたいものである。




とりあえず、着眼点では他の子より群を抜いてると思います
11:14 | nの育児 | trackbacks (0) | edit | page top↑

やっちまった。。。

最近ボケボケな私です。。。


今日、関東は日中、台風の影響で雨風共に荒れてました。

そんななか、たーちゃん、ともたん、夫を家に残し、本屋さんに行きたくてぶらりと出かけた私。


本屋へ到着すると、何の気ナシにマンガコーナーへ入っていったら、店頭にのだめカンタービレの18巻が積んであった。

そこには限定特典で、漫画本と一緒にのだめキャラのマスコットが付いていた。値段は千円チョットと、さすがマスコット付き、それなりのお値段。。。。


主婦の哀しい性、“限定”と言う言葉に弱いのはわたしも同じ、最新刊が出たと、台風のなか本屋に出向いて収穫を得たことに喜んだ私は、すぐに18巻を手に取り(その前に山積みになった18巻達に付いているマスコットの善し悪しをしつこいほど見比べた)レジへ直行。

帰りは運良く台風が逸れたため、雨が止んだなか家へと急いで帰っていった。


夫ものだめファンなので家へ上がるなりすぐ「18巻買ったよ!しかもマスコット付きだった☆」


私が素直にうれしそうにそう言うと、




夫「おお!良かったね♪   まったく~~~  好きだねぇ~こういうの。」


冷やかす程のことでもないのだが、なぜか、その冷やかし言葉に少々照れる私(o^^o)



しかし、そのあとの夫の一言で、私は愕然とする。






「あれ?  この18巻、、、この間買ったよ」




「え"!?  うそ・・・」






「・・・・・・・ほら。」



と言って、夫は親切にも、以前購入していた18巻を見せてくれた。



私はハっとした。






そうだった。。。。 思い起こせばこの間、18巻が出てすぐに夫が会社帰りに買ってきて、私も読み終えたんだった。



なのに、、、、そんなこと、、、すっかり忘れていた。





私は、店頭に山積みになっていたことで、もう頭の中はてっきり、最新刊が出たばかりだと、思いっきり勘違いをしてしまったのだ。


くやしいことに、まんまと本屋の策略にはまってしまった。。。


しかも、キャラクター付き。   




おそらく以前18巻が出たときに、キャラクター付きも同時販売し、限定だったのに余ってしまったもんだから、店頭に積んで売ろうという作戦だったにちがいない。


レジにいた店員は、そんなマヌケな私の行動にひそかにほくそ笑んでいたにちがいない。



しかも手に入れた、のだめキャラのマスコットは、たーちゃんが即座に手に取り、


「ママァ!   ありがとう~☆」


と両手に抱えて私に笑顔でお礼を言ってきた。




「え?  それ・・・・・ママ  の  だ ょ・・・ ゴニョゴニョ・・・。


・・・・・・・・・・ま、いいけど、、、さ。。。」







かくして私は近いうちに、ダブってしまった「のだめカンタービレ18巻」の一冊を、近所の「BOOK OFF」まで持って行くこととなったのである。




01:00 | nの日常 | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。