スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

4歳児のありふれた日常6「秋の遠足」

秋晴れ、というか9月下旬なのに真夏日だった9月21日(金)、たーちゃん達年少さんは
「こどもの国」に行ってきました。


広い敷地内で、今回たーちゃん達が遠足を堪能した場所は、こども動物園。

いろんな動物さん達とふれあい、幼稚園のお友達との仲をより深くして、楽しんでました。



PICT3152.jpg


うさぎさんを触りました。
PICT3163.jpg



アライグマはたーちゃんがあげる餌に飛びついてました。
PICT3168.jpg



たーちゃんはポニーに恐くてなかなか近づけませんでした(^_^)
PICT3171.jpg



でもソフトクリームを食べて上機嫌♪
PICT3180.jpg



大好きな女の子に後ろからぎゅってされて、満足げ
PICT3186.jpg



帰りのバスでもテンション高く、たーちゃんは寝ないで過ごしました。




いろいろと刺激になった秋の遠足でした☆
スポンサーサイト
21:20 | nの育児 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アメリカン・スウィートハート(おふざけ映画批評)

アメリカン・スウィートハートアメリカン・スウィートハート
(2002/09/04)
ジュリア・ロバーツ、ジョン・キューザック 他

商品詳細を見る



[この映画の最大の見所]
超おデブなジュリア・ロバーツ



[あらすじ]
人気女優の姉グウェン(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)の付き人を務めるキキ(ジュリア・ロバーツ)は、グウェンと別居中の夫エディ(ジョン・キューザック)をひそかに想っていた。しかしエディはキキを妹以上の存在としてしかみてくれない…。
ハリウッドの内幕を次々と暴露しながら繰り広げられる、ジョー・ロス監督の業界内ラブ・コメディで、出演も兼ねるビリー・クリスタルが製作と脚本を担当している。


[評価(5段階)]
     


[本人の真面目な感想]
豪華メンバーが揃ってる割には、内容に印象的なシーンもないし、役にも魅力が感じられない。
ジュリアロバーツ演じる地味な付き人はホントに地味だし、その姉はワガママで一流女優気取りというただの無能な勘違い女、その元夫でジュリアロバーツが密かに思い寄せている男はかなりドジで無鉄砲である意味危ない男。 その人達がドラマを繰り広げても話は全く面白くない。結局ジュリアロバーツが主役だから、美味しいところを最後に持って行くのは彼女だが、キャサリン・ゼタ=ジョーンズの派手な顔立ちと並ぶとジュリアの魅力的な顔立ちもかすんでしまうように思えた。そういえば「オーシャンズ12」でも二人は競演したけど、あのときもキャサリンゼタジョーンズの美しさは際だっていた。(←キャサリンびいきな個人的感想(^_^;))

20:57 | おふざけ映画批評 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

シカゴ(おふざけ映画批評)

シカゴ スペシャルエディションシカゴ スペシャルエディション
(2003/10/31)
レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 他

商品詳細を見る



[この映画の最大の見所]
リチャードギアの腹話術。



[あらすじ]
1920年代のシカゴで、スターを夢見るロキシーが愛人殺害で逮捕される。彼女が入った留置所には、かつてのキャバレーのスターで、夫と妹を殺したヴェルマがマスコミの注目を集めていた。しかし、人気弁護士ビリーがロキシーを担当し、世間の目は彼女に注がれる。
犯罪の薫りが立ちこめる1920年代の背景、華やかなスターへの夢に女同士の嫉妬、そして現実のホロ苦さ…。ドラマチック満点の要素が、ミュージカル・ナンバーが絶妙に溶け込む。レニー・ゼルウィガーのしたたかなヒロイン、キャサリン・ゼタ=ジョーンズの迫力のダンス、ギアの道化的な軽妙さと、俳優たちも大健闘の演技。舞台出身の新鋭ロブ・マーシャル監督が、ブロードウェイの舞台版とは一線を画し、あくまでも映像で魅せることにこだわった、「ミュージカル映画の見本」と言える傑作だ。


[評価(5段階)]
         


[本人の真面目な感想]
レニー・ゼルウィガーとキャサリン・ゼタ=ジョーンズの見事な歌とダンス、そして軽快なミュージカルナンバーの数々に、あっという間にエンターテイメントの世界へ引き込まれた。
殺人容疑の主人公が刑務所に入り、有能な弁護士を味方に付けて無罪を勝ち取ろうとするという、ドラマティックかつ悲劇的な内容を、ミュージカルという究極の娯楽でくくったこの作品、そのギャップが見ていて斬新で、単純に面白い。
脇を固める俳優達も、迫力満点、個性満点で映画を見ているのに、本当にミュージカルを見ているみたいだった。
耳に残りやすい歌の数々も心地よくて、繰り返し見たくなる作品だ。
20:34 | おふざけ映画批評 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

スウィーツオンパレード

今日は、近所のカフェで大好きなティラミスを、カフェオレと一緒に注文し、

そのあと久々に会ったお友達と、アフタヌーンティでスコーンをほおばり、

家に帰って夕食の後、先日コンビニで買ったチーズケーキを食べた。

やばい。 メタボリックまっしぐら・・・


20:53 | nの日常 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ピアノの発表会

今日はいよいよピアノの発表会です。


PICT3128.jpg

(たーちゃんの出番を待ち望む家族。ともたんも)


おめかしした私とたーちゃん(o^^o)は、緊張しながらステージに立ちました。

ばあばや姉夫婦、パパ、そして大好きな女の子が見守る中、グループでの歌とシェイプ(手を上下に動かして音階を表現するもの)や、ママと連弾しました。

(パパがビデオ撮影をしてくれていたので、演奏中の写真は撮れませんでした(^^ゞ)



そして結果は、、、、


今まで練習してきた中で、一番上手に弾けました!



間違えずにパーフェクトに弾けたたーちゃん、我が息子ながら良くやった




お友達から花束をもらい少し照れていたたーちゃん(o^^o)

そして姉夫婦からも。。。小さい手に一杯のキレイな花束を抱えて無事退場



もしかして、たーちゃんてば本番に強いタイプ?



照れながらお友達と記念写真
PICT3130.jpg


気が大きくなったたーちゃんは、午前中いっぱいあった演奏会に後半疲れが態度に表れ、他の人の演奏中に声を出してしまったりしましたが(^_^;)


なによりも、初めての発表会で堂々と、間違えずに弾けるというのはスゴイな!と思いました。
私が子供の頃なんて、ド緊張もいいとこ、始めに引く音忘れて顔面蒼白になった記憶がマジですか 
思い出すだけでもおぞましい~~


でも、たーちゃんだけでなく、他の同じ歳のお友達もとても上手に弾けていて、今時の子ってたくましいな・・・と。


ま、いいことだと思いますが。

その分、人生なめていきそうな気もします。。。・・・なんてことないか(^^ゞ



最後に全員で記念撮影。
PICT3137.jpg

疲れてるたーちゃんは、ちょっとグダグダしてました。



無事家に着くと、みんなでお祝いのお食事タイム。


たーちゃん、さっそく発表会のビデオをみはじめます。

大人もみんな、今ナマで見てきたばかりなのに画面に釘付けデス。



なにわともあれ、 無事発表会が終わって親子共々ホッとしたのでありました

21:05 | nの育児 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

練習の成果は?

たーちゃんは4月から ピアノ教室に通ってます。

近所にある個人のピアノ教室で、「ペースメソッド」という面白い学習法で習ってます。

今回、先生主催で地域の市民ホールで発表会を行うことになりました。
発表会は明後日の日曜日。

小さいたーちゃんは、私と連弾です。

ものすごく簡単な演奏で、超ゆっくり弾いても、ものの20秒くらいで終わる曲です(^_^;)

でも、たーちゃんはこの日のために一生懸命練習しました。ママと一緒に。


なので、ばあばや、姉夫婦、そして幼稚園で大好きなお友達の女の子を招待しました。

好きな女の子に初めてのピアノを聞いてもらうなんて、緊張しそうだな(笑)

なにげに連弾だから、私も緊張する。。。 例ええものの20秒でも(^^ゞ



※ペースメソッドとは
コロンビア大学名誉教授ロバート・ペース博士が提唱した、特徴あるピアノ学習法。
豊富な教材と、合理的なカリキュラムにより、聴音・初見と移調・テクニック・和声の書き取り・即興の能力を身に付ける。

詳しい説明はこちら



22:19 | nの育児 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

脳内メーカー その2

あえて2回にわたって家族の脳内メーカーを披露する必要があっただろうか、、、と今になって思ふ。。。今日この頃。


でも前回の記事で書いてしまったので、今回たーちゃんとともたんの脳内メーカーをアップしたいと思います。


まずは たーちゃん。


あ それ。

たーちゃんの脳。


嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘 嘘って!!

しかも見てると目が痛い!!




うちの子は嘘で塗り固められた人生か!


生まれてきてまだ4年という月日しか経ってないのに、頭の中は嘘だらけかよ。。。





たーちゃんへ。   
これからの人生、正直に、自分の気持ちに素直に生きて行きなさい。。。(母からのアドバイス





気を取り直して、、、
ではつぎに、 ともたん。


ドン。

ともちゃんの脳。


秘  秘  秘  秘  秘  秘  秘  秘  秘  秘  秘  秘  秘  秘  秘  秘  秘  秘  秘  秘  




生まれながらにして、秘密主義なともたん。

まさに脳の中は「秘密の花園」状態ですか。。。



ともたんへ。
隠し事をしてもママにはムダですぞ 




それにしても、 ウチの家族の脳の中って絶対友達にしたくないタイプだな。こりゃ。


20:05 | nの日常 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

脳内メーカー

ちまたでうわさの脳内メーカー


自分の脳の中がどんな風になってるか調べられるという。



今流行ってるので私もやってみることにしました。


えーっと、名前を入力、、、と
ぽちっ


ハイ出ました。



じゃん。




私の脳。。。








はい  私 最悪な女です。






「嘘」と「金」が渦巻いてる女。。。




この脳は、、、詐欺師の脳ですね。





、、、詐欺師を目指すべきでしょうか。。。私。




夫と一緒にさりげなくやったこの遊び。。。彼はきっと私の人格を一瞬でも疑ったことでしょう。。。




しかし。。。これではあまりに私が非道な人間になってしまってるので、

旧姓でやってみよう! ということに。



そして出たのがこちら。

じゃじゃん。





昔の私の脳。。。






・・・・・わたしって。。。



これは、かなりラリっちゃってる脳というか、 はたまたイッちゃってる脳というか。。。



まさに、OH~ NO(脳)~!! って感じですネ
(こういうやっちゃいけないダジャレをすぐ言うから、こんな脳なんだね。。。あながちウソではない診断だな、うん)




みなさんも ぜひやってみて下さいね。
私のようにヒドイ脳の人がいたらご一報を

次回はたーちゃんと、ともたんの脳を調べてみたいと思います。
22:15 | nの日常 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

4歳児のありふれた日常5「気の毒な修理屋さん」

テレビが壊れました。

メーカーに問い合わせてみたら、迅速な対応で本日中に来てくれることに。

そして夕方、修理屋さんがやってきました。

修理屋さんは来るやいなや、パッパとテレビ本体の裏側のフタを外し、作業を開始。

たーちゃん、その横で興味津々に修理屋さんの作業を眺めています。

以前、テレビを見てるとき、私はたーちゃんに、
「不思議だネー。テレビの中であんな風に人が動いてるなんて。こんなちっちゃい中にどうやって入ってるんだろうね♪」

なんて、子供なら一度は騙されるこの大人の突拍子もない発想に、たーちゃんも例外ではなく不思議そうに頷いていました。


しかし、、、、


今回の思いがけないこのアクシデントに、あっさりと疑問は解消。。。






・・・・うーん、、、つまらん。。。







ま、それはさておき。

その修理屋さんに対してたーちゃんは、大人ぶりたいのか何なのか分からんが、やたらと上から目線で会話し始めた。

ちなみに、その修理屋さんはもう50代は超えてるであろう、割と紳士的かつワイルド系なおじさんだった。


たーちゃんはソファーに座りながらその修理屋さんに

「あのー治ります? 見れるようになるんですか?」

と、ナゼか口調が“良い家の子”を演出し

私が途中でともたんのおむつを替えようとすると

「あ、今ちょっとオムツ変えるのでテレビどかしてもらえますか?」

なんて生意気な態度を取るし。

ちなみに場所的におむつを替えるのに、テレビをどかしてもらう必要は全くなかった。


また修理が終わり、おじさんがスイッチを付けたり消したりして点検している最中には

「あ、治りましたか?ありがとうございます~(^。^)」

なんて、いっちょ前なお礼を言ったかと思うと


「でもね~、またすぐに壊れると思うんですけどぉ~~~

って、、、キミ、 失礼だろ。。。


そんなたーちゃんの言うことに、修理屋さんはやはり、いちいち苦笑い。。。かわいそうに。こんなガキに捕まっちゃって(^_^;)

そして修理屋さんが私に「認め(印)用意しておいてください。」と声を掛けると、
またもやたーちゃんがすかさず

「え?認めって何ですか?  あの、 認めって何なんですか?」

と、しつこく修理屋さんに絡む。。。絡む。。。


いえね私も、ともたんを抱っこしながらたーちゃんを懸命に注意しましたよ。。。
「(作業を)見たいなら修理の邪魔はしないようにね。」って。 こんな自由気ままなたーちゃんの行動を、さりげなくではありますが、ちゃんと注意してました。。
と、一応自分の名誉のため言っときますが。


修理をお願いする前に、メーカーに電話で問い合わせたところ、まあ2万円は出張費込みでかかるだろうと言われてましたが、
開いてみたら、その修理屋さん曰く、
「今回はICの交換だったんですが、その場合は全て無償で行うということになってますので、お金はいらないです。

なんて言うじゃないですか!!

なんてラッキーなの


これで、「(修理費は)3万くらいはいくだろう」と腹をくくっていた私は、思いがけない出費を免れて気分を良くしたのだった。


でも、せっかく治しに来てくれた修理屋さんは、たーちゃんのおませな行動に、疲れもピークに達してたんじゃなかろうか。。。


22:01 | nの育児 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

トゥーウィークスノーティス(おふざけ映画批評)

トゥー・ウィークス・ノーティス 特別版トゥー・ウィークス・ノーティス 特別版
(2006/10/06)
ヒュー・グラント、サンドラ・ブロック 他

商品詳細を見る



[この映画の最大の見所]
ほとんどこの二人だけしか出ていないところ。他の脇役がかわいそうなくらい。
ヒューグラントとサンドラ・ブロックの大ファンだけが楽しめる。



[あらすじ]
NYの不動産王のジョージは、経営が悪化しつつある会社を建て直すため、熱血弁護士ルーシーを顧問にする。ところがジョージはしっかり者の彼女に頼りっぱなし。彼の子守に疲れた彼女は「2週間後にやめる」と宣言。ジョージは必死に引き止めようとする…。


[評価(5段階)]
  


[本人の真面目な感想]
男と女の性格が対照的で内容もテンポ良く進んでるので退屈はしないかも。
ラブコメを織り交ぜたおしゃれな映画がお得意のヒューグラントの他の作品が好きならこれも気に入ると思われる。ただ、私的には、サンドラブロックとヒュー・グラントのカップルがいまいちしっくり来ない。。。彼の役どころが頼りない金持ち男なので、相手の女性が精神的に強いイメージでなければいけないのだろうが、やはりヒューグラントのお相手には、ジュリアロバーツなどもっと強さと女性らしさを兼ね備えたヒトがお似合いな気がする。
09:37 | おふざけ映画批評 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ターミナル(おふざけ映画批評)

ターミナル DTSスペシャル・エディションターミナル DTSスペシャル・エディション
(2005/04/28)
トム・ハンクス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 他

商品詳細を見る


[この映画の最大の見所]
映画のためだけに作った空港のセットと、
トム・ハンクスの終始冴えない顔と、イキイキした表情のキャサリン・ゼタ=ジョーンズのギャップ



[あらすじ]
スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演というゴールデン・コンビによる3本目の作品。東欧のクラコウジア(本作のために設定された架空の国)からニューヨークを訪れた旅行者ビクターが、母国の突然のクーデターにより“無国籍”状態になってしまう。アメリカへの入国許可が下りないまま、彼は空港のターミナルで9ヶ月間も過ごすことに…。


[評価(5段階)]
   



[本人の真面目な感想]
キャサリン目当てで見たので、彼女の出番が少なくてチョット残念だったけど、内容は面白かった。全体的にユーモラスな映画。トムハンクスの映画では一番好きかも。
00:27 | おふざけ映画批評 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

レインマン(おふざけ映画批評)

レインマン [MGMライオン・キャンペーン]レインマン [MGMライオン・キャンペーン]
(2007/01/19)
トム・クルーズ、ダスティン・ホフマン 他

商品詳細を見る


[この映画の最大の見所]
“レインマン”というタイトルの由来



[あらすじ]
事業に失敗して破産寸前のチャーリーのもとに、絶縁状態だった父親からの訃報が届く。帰郷した彼は、父の遺産が匿名の受益者に贈られると聞きショックを受ける。その受益者とはチャーリーがその存在さえ知らなかった自閉症の兄レイモンドだった……。



[評価(5段階)]
     



[本人の真面目な感想]
1回目見たときには大して面白いと思わなかった。でも、2回目を見たら違った。自閉症という難しい役をさすが名優のダスティン・ホフマンが見事に演じているが、演技のため実際自閉症の人達と会って勉強したとのこと。トム・クルーズもこの映画を機に、単なるイケメン俳優にとどまらず演技の幅を広げていったような気がする。また音楽がイイ。最初は煙たがっていた兄の存在も、だんだんと受け入れていき、兄のIQ?の高さを武器にカジノで一山設けるシーンは見ていて爽快!
障害者の知能を金儲けに使っていいのかって突っ込みたいところではあるが、皮肉なことにこれを機に二人の絆が深まっていく。感動するラストではないが、あとあとまで考えさせられる人間ドラマである。
20:14 | おふざけ映画批評 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ショーシャンクの空に(おふざけ映画批評)

ショーシャンクの空にショーシャンクの空に
(2006/01/27)
ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン 他

商品詳細を見る



[この映画の最大の見所]
最後まで見てれば見られる、スーパーの店員役をしているモーガンフリーマン



[あらすじ]
スティーヴン・キングの『刑務所のリタ・ヘイワース』を映画化したのが本作である。
妻とその愛人殺しの容疑で終身刑の判決を受ける、銀行マンのアンディ。無実の罪ながら投獄されるが、決して希望を捨てず、自由を得られる明日を信じ続ける。一方、古株の囚人レッドはそんなアンディに、「刑務所で希望をもつのは禁物」だと忠告する。アンディとレッドの友情を中心に、ショーシャンク刑務所で生きる男たちのさまざまな人間模様を描いていく。人生の不条理や悲しみを問いかけながらも、たどり着くラストシーンは見る者の胸をさわやかに、だが強く打つ。


[評価(5段階)]
     


[本人の真面目な感想]
モーガンフリーマンが複雑な心理描写を、細かい表情で見事に演じきっている。
自分の現実を見つめ、ただそれを受け入れるだけで終わるのではなく、人はどんなときでも“希望”を持つのは自由であり、希望を持っていればその信念で道は開かれることを、主役のティムロビンスが堅忍不抜の精神で教えてくれる。彼の静かだが頑なな意思で刑務所内を数年にわたり過ごす様には脱帽する。
最後は見ているこちらまでもが開放感に満ち、究極の楽園を目にしたようなすがすがしい気持ちになる。
22:22 | おふざけ映画批評 | comments (0) | trackbacks (1) | edit | page top↑

トゥルーマンショー(おふざけ映画批評)

トゥルーマン・ショー スペシャル・コレクターズ・エディショントゥルーマン・ショー スペシャル・コレクターズ・エディション
(2006/03/24)
ジム・キャリー、ローラ・リニー 他

商品詳細を見る




[この映画の最大の見所]
映像に映りたくてジムキャリーの行く手を阻む野次馬たち



[あらすじ]
ジム・キャリー主演による異色のヒューマンコメディ。トゥルーマンの人生は、隠しカメラで撮られたTV番組として世界中に放送されていた。彼はやがて自分の人生がすべて作りものだったと気が付き…。


[評価(5段階)]
     


[本人の真面目な感想]
始めに、この映画の内容を全く知らないで見ると、前半部分は何が何だか分からず、この映画の面白さに気づかないので注意が必要。であるからして、あらすじを事前に知った上で見た方が充分楽しめる。全世界にテレビを通して人生そのものを見られているという奇想天外な設定だが、ジム・キャリーの演技は相変わらず面白く、その事実に全く気づかない主人公の行動や周りの反応のギャップに随所で笑わせてくれる。
最後、みんなから見られてることを知ったトゥルーマンのとった行動には拍手を送ってあげたくなる。
20:39 | おふざけ映画批評 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

4歳児のありふれた日常4「下ネタ(・_・)(._.)」

お風呂の湯船に浸かりながらたーちゃんがつぶやいた。


「あ~あ、たーちゃん、早くパパよりおっきくならないかなぁ・・・・













・・・チンチン。」















・・・・・・・・チンチンかよ。



てっきり会話の途中で「そうだね♪」って言おうとしちゃったじゃん。。。


しかも、ソコ触りながら言ってるしorz

09:51 | nの育児 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。