スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

淡い期待

tomo3



ともたんは、ある芸能人の名前から付けました。


といっても、もともとその芸能人の存在を知っていただけで、ファンでもなかったんだけど、
不思議なことに、自分の子にその名前を授けた途端、同じ名前のその芸能人を気になりだし、今ではすっかり大ファンになってしまいました

・・・私が。


その人くらいカッコよくなってくれたら、親といえど子供を決してほおってはおかないだろうなあなんて、期待を胸に思ってますが、

実際自分の子のかっこ良さに、日々酔いしれてる親ってのもどうかと思います。。。
小さい時は親ばかで済みますが、思春期になってもそうだと、ちょっと、ね。


でも、せっかく男の子に生まれたんだから、カッコ良くなってくれるのを望むことは、母親なら自然なことだと思います。

かっこいい男性に旦那以外囲まれたことがない私は、自分の息子の将来に夢を託して、そんな甘い想像をしてしまうのでありました。



スポンサーサイト
22:28 | nの育児 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

My パソ☆

vaio



昨年の暮に、手元に届いたマイパソコン☆

これはモバイル型だけど、専業主婦の私はもちろん外に持ち歩くことなどない。

でも、一目ぼれしたデザインと、本体はコンパクトでも画面はネットサーフィンを十分に楽しめるほどの広さがあり、大変見やすい。

Vista搭載のは初。 まだいまいち使い方に慣れてないし、うまく使いこなせるかわからないが、私の大切なモノの、ひとつデス。。。




23:54 | nの雑貨 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ガラス製のいれもの

goldなzakka☆




小さくてシンプルだけど存在感のある入れ物。


ガラスで出来ていて、植物や花を飾って使うらしい。

アジアン雑貨屋さんで売ってあって、このゴールドの感じがゴージャスなエスニック風
を醸し出しています。。。

入れ物の形もかわいくて、二つセットにして購入しました。

テーブルに置くだけで、高貴な雰囲気を味わえそうです☆





21:56 | nの雑貨 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

0歳児のありふれた日常7「食べだすと…」

tomo's babyfoods哺乳瓶




ただいま生後11カ月のともたんは、離乳食をよく食べ、ここんとこミルクをほとんど口にしていない。
少し前までミルクと母乳の混合で、さらに離乳食もあげていたので、食事時がせわしなかったんだけど、今はようやく食事は離乳食onlyとなっている。

母乳は口寂しい時や甘えてるとき、また眠たいときetcだけ。。。


ともたんはニンジンが大好き。この間姉が無農薬のニンジンを持ってきてくれて茹でたら、やはり"baby"というのは自然のおいしさが分かるらしく、すごい勢いでパクついていた。

ニンジンだけでなく、ともたんはとにかく離乳食大好きで、わんこそばのように、高速でスプーンをともたんの口に持っていかないと、毎回すぐに焦れて泣いてしまう。。。
たった数秒、口にモノが入ってないのがそんなに嫌なのかよ・・・




・・・思い起こせば、ともたんの兄、たーちゃんもそうだったな。。。


兄弟そろって・・・食いしん坊なんだな。

よく食べてくれるのはウレシイんだけど、毎回完食し、それでも足りないと「うえ~~んっ」と
必ず食べ終わってから何か訴えるともたん。
二人目育児のくせに、あまり離乳食のレパートリーがない私は、毎回献立に四苦八苦、、、した挙句けっきょくは質素なモノとなってしまうのだが(汗)


そのため、"大食いともたん"は、かなり横に成長している。




もうすぐ1歳、


早く"縦"にも成長してほしい。



00:32 | nの育児 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

[コラム] I love Samantha.

Elizabeth Montgomery



エリザベス・モンゴメリー

私の憧れの女性です。

1960年代~70年代にかけて放送された
海外ドラマ「Bewitched{邦題:奥さまは魔女}」のサマンサ役といえば、ピンとくる人も多いでしょう。

この「Bewitched」というタイトルの意味は、魔法にかけられてとか、魅せられてという意味らしいです。

それを「奥さまは魔女」と意訳し日本でも大ヒットを飛ばしたのは、当時の翻訳家の腕がうかがえられます。


ドラマの主役であり、かわいらしい魔女を演じているサマンサこと、エリザベス・モンゴメリーは、役柄だけでなく私生活でも大変魅力的な女性であったと語られています。

物語の大まかなあらすじ・・・というと、
ごく普通の人間の男性(ダーリン)と結婚した魔女のサマンサは、人間の生活を好み、人間らしく生きることを、どんな人間よりも望みながら、結婚生活を過ごす努力をしていきます。
ということは、すなわち"私生活では魔法は使わない"とダーリンに誓うのです。

しかしながら、持って生まれたこの才能(魔法)は、いざというときや、何かトラブルに巻き込まれた時はついつい頼ってしまい、ダーリンやその周りの人達をめぐって、毎回さまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。 とくに、そのトラブルの原因の最要素が、サマンサの"ママ"こと「エンドラ」。
彼女は自分の娘が下等動物(人間)と結婚したことに猛反対、ダーリンをとにかく嫌い、二人の結婚生活を壊そうとに数々のトラブルを招いていくのです。もちろんお得意の魔法で。

そんなトラブルに見舞われながらも、サマンサとダーリンは、どんな時でも愛の力に勝るものなし!と、さまざまなアイデアと、対抗すべき魔法の力(結局頼ってしまう)で、最後にはいつも丸く?収まりハッピーエンド。



さて
このドラマの魅力をあげれば、片手でおさまらないほど。

まず、今から30年以上前に放送されたにも関わらず、高度な特撮技術が施された魔法の類。
実際、のちに語られた同タイトルエピソードブックの中にこう書いてあります。
自然な魔法に見えるよう出演者たちは、魔法にかかる前と後の動きが不自然にならないよう、撮影の間ずっと同じ姿勢や表情を保たなければならなかった、と。
たとえば、座っていた椅子が消える前と消えた後に、人物の配置がずれていたらオカシイので、出演者はイスに座った姿勢を保ちながら、椅子がその場から移動された後もあたかも座っているかのような姿勢でいなければならなかった、ってな具合。
こういった、Bewitched関係者の、細部にまでこだわった完成度の高さが、ブラウン管を通して自然な魔法を生み出し、まさに魔法にかけられたかのように、このドラマのとりこになっていったファンはたくさんいたと思われる。

そしてもう一つが、出演者たちのキャラクター。
誰よりも人間らしい魔女のサマンサはもちろん、ほかの俳優たちそれぞれに個性があり、魅力的なキャラを作り出している。
初期のころから登場しているキャラで年配のキャラは途中亡くなったり、ダーリン役が第6シーズンから交代されたり、他にも各々の事情で俳優が入れ替わったりしたが、それを持ってしても、
明確なキャラ作りと、人間味あふれる憎めないキャラで構成された俳優たちの名演技は、何度見ても、決して飽きることはない。
それはストーリーが素晴らしいものに仕上がっていることに確実につながっているのだ。

さらに、当時の日本人はもちろん、今見ても、60~70年代に流行ったアメリカンファッションや生活習慣、美しく装飾された家々や家具なども、女性なら誰でも見ていて楽しめる。
もちろん、男性でも興味を持つ人はいるだろう。

また海外のコメディドラマだと、たいていありがちな、トホホな翻訳のせいで"笑うツボ"がつかめない。。。という残念な結果に陥りがちなのだが、、、
このドラマの翻訳は実にすばらしく、英語での面白さと引けを取らない和訳が出来上がっている。
それゆえ日本でも大ヒットしたのだが。

字幕でもそれは同じことが言える。なので私自身は、現在DVDでこのドラマを見るときは必ず「英語」で聞き、日本語字幕を追いかけながら見ている。
それでもオリジナルに負けないくらい十分に笑えるのだ。
しかも何気にリスニング(ヒアリング?)の勉強にもなってたり(笑)


他にも挙げればもっと魅力的な要素はいくつもある。
美貌と魔力の才能を備えたサマンサは、家にいるシーンが最も多く、しかも魔女でありながら人間らしさを好む彼女は、人間と同じように家事をせっせとこなすのだ。
料理、洗濯、お掃除etc。 その姿はまさに人間の主婦そのもの。サマンサは"人間流"であるこのやり方が一番好きなのだと言う。


そんなサマンサのように、人を常に愛し、人間流にものごとをこなす楽しさ、ユーモアセンスを持ちつつ、いつも笑顔を絶やさずいられたらどんなに素敵だろうと思う。

そしてサマンサはタバサ(長女)と、後半に登場するアダムという息子の二児の母でもあった。
「Bewitched」のDVDを見るたびに、何気ない毎日をいかに楽しく生き、子育てもいかに楽しくできるかの参考になっている。

まさしく「Bewitched」は、私にとって"生き方のバイブル"と呼べるものなのだ。





00:00 | nの雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

一日の疲れとストレスと汚れをとるモノ

ナチュラルソープ




ともたんは、おむつかぶれや湿疹が起こりやすいので、お風呂では
市販の石鹸やポンプ式のソープではなく、天然成分だけで作られた石鹸を泡立てて
洗っている。


この石鹸は、義兄が趣味で家で手作りしたもの♪

義兄は何かをこねるのが好きらしく(ピザやパンづくりetc)、石鹸作りもその一環らしい。
でも私たちにとってはとてもありがたい趣味を持ってくれたと思う(^u^)
ともたんのデリケートな肌にはもちろん、実際私も出産して以来、肌が以前にも増して乾燥しやすいし、人工的なにおいにも敏感になった。
妊娠中にダメだと思ったにおいに関しては、現在でも続いている。
いかに香料という成分が人体に有害なのかと、ベビーを産んだこの体が教えてくれている気がする。

この手作り石鹸は、水に少しでも浸していると、みるみるうちに溶けてしまうほどの繊細さ。
そんな贅沢なせっけんは、家計には厳しいが肌にはとっても優しいのだ


写真奥のケース付きの石鹸は別物で、以前友達から頂いたもの。
これも体に優しそうなので、今の石鹸がなくなったら使ってみるつもり。

優しく包み込んでくれるきめ細やかな泡で、一日の疲れを癒しましょー。


00:13 | nの雑貨 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

4歳児のありふれた日常8「再燃」

トーマス熱が復活した たーちゃん。

お菓子のガチャガチャトーマス



最近は、幼稚園児らしく?、ゲキレンジャーや仮面ライダーなどの
おなじみヒーロー系に夢中だったんだけど、
ここにきて、ふたたびトーマスが気になりだしたらしい。

もともとトーマスは、たーちゃんの生まれてはじめて熱をあげたキャラクターなので、
部屋はトーマスグッズやトーマスプラレールで埋め尽くされ、気がつくと、
トーマスキャラが自然と目に留まる、、、といった日常。

生後11カ月になったともたんも、最近トーマスのプラレールに反応を示すようになった。
DVDを見せたらジーーッっと微動だにせず椅子に座っておとなしく見ていた ともたん。
毎回こうだとラク。。。でも、テレビばかり見せるわけには行かぬっっ


ともたんが、テレビ画面のトーマスにくぎ付けになる姿も、たーちゃんには刺激だったらしく、
最近外に出かけると、やたらトーマスのグッズが目に飛び込んでくるらしい。

今日は、お昼食べた後おなかがすいてペコペコだ、などと“こしゃく”なことを言ってきたので
家にあるお菓子に満足しないたーちゃんを、仕方なく寒い中外に連れて行った。
そして見つけたお菓子が トーマスのガチャガチャの形したお菓子入れ。

中はマーブルチョコが入っている。

つまみをひねってマーブルチョコを出しては食べ、その繰り返しであっという間に中身は空になってしまう。。。

でも、これならまたマーブルチョコを買って追加すれば、いつでもガチャガチャの遊びとお菓子を楽しむことができて便利だ

などと、たーちゃんのおねだりと商品説明してみたものの、見た目のかわいさもあって私自身が、この商品の存在に惹かれて手を出してしまったのだがきゃ


ともたんのトーマスデビューと、たーちゃんのトーマス熱復活は、
リンクしていると思われる。。。リンク




23:08 | nの育児 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

4歳児のありふれた日常7「おみやげ」

パンジー



金曜日、幼稚園のバスから降りてくるとき、
年少さんから年長さんまで そろって手に小さなビニール袋をぶら下げて
元気よく降りてきました。

タタタタタターーーッ!



「チンパンジーッ!!」




??





何故いきなりチンパンジー?





と、親たちは不思議に思ったのですが、


疑問はすぐに解決。




みんなが手に持っていたのは、幼稚園で育てたかわいらしいパンジー


うれしくて元気よく降りてきたはいいけど、



あらあら・・・勢いあまって袋の中でパンジーがひっくり返ってしまった子も^_^;



外はピンと凍りついた空気だったけど、家に戻るとさっそくその“チンパンジー”をベランダへ



たーちゃんは 水をあげたいと言って、コップに入れた水を慎重にあげてました。


これが 毎日の日課になってくれる....なんて


難しいか




たーちゃん、幼稚園から素敵なお土産 アリガト。
22:12 | nの育児 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

0歳児のありふれた日常6「寒さに勝てず。。。」

ベビーフード
tomo離乳食

最近遊び食べを覚えた ともたん。

半分くらい食べると、 口の中からべぇ~って出して

手でこねて遊んでます


今日のお昼はうどん。

ともたんは只今 風邪気味で

鼻水出てるのだ



遊び食べ も成長のうちだけど・・・

早く治るようにきちんと食べなきゃネ。

あったかいうちに 召し上がれ~


23:33 | nの育児 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

管理人の名前 変更のお知らせ


誠に勝手ながら、ハンドルネームを

nの女 → 


に変更しました。


名前は変われど、私の中身は何一つ変わりませんので 皆さんこれからもどうぞよろしくお願いします


00:33 | nの雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

余りモノで、、、

雑炊



今日のお昼、

昨日の夕飯のお鍋があまったので雑炊を作りました。

いよいよ厳しい寒さ本番、そんな日は

身も心もあったかくなる食べ物で

つかの間の休息。。。

疲れも取れ、忙しい毎日でピリピリした気分も いつの間にか

優しい気持ちに変わっていきます



09:18 | nの日常 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

コンコンと

snowy



今朝から関東でも、雪がしんしんと降り始めてます。

たーちゃんは、大喜びで幼稚園へ向かいました。

ともたんは、少し鼻水が出ています。

上の写真は、家のベランダから見た団地内の公園。

なんだか、おもちゃみたいでいつもと違う表情でカワイイ


たーちゃんはいつも、幼稚園の帰りにバスから降りると、友達と一目散に、ここの公園へ走っていきます。

そして、鬼ごっこしたり滑り台で滑ったり、お砂場で遊んだり、と
すでに日課となっています。

でも今日はこの雪じゃ遊べないね。

雪が止めば、積もった雪できっといっぱい遊べるね
11:37 | nの日常 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

至極のスウィーツ

ティラミス



最近の私の癒しの時間といえば、休みの日に家族で出かけ、近くのcafeでお茶すること。


特にお気に入りなのが、ティラミス。


ここのティラミスが絶品なのです。


お店のメインはガレットのランチなんだけど、お休みの日になると買い物の途中でちょっと休憩~~って言って、ここのcafeに入ります。
そして、ティラミスと紅茶のセットを注文。


これが私の定番となってます。

もうかれこれ1年以上、席についてはティラミスセットを注文してるので、

おそらく店員から影では“ティラミス女”と呼ばれているに違いない・・・って勝手な想像
でも、実際“ティラミス女”と言われてもおかしくないほど毎回注文してるのだから、それに関しちゃまったくもって異論はありません。(ってだから勝手な想像。。。)


1年以上前から・・・というと、そう。  

1年前はともたんは生まれていません。
妊娠中から私の体はティラミスを求めていたのかもしれません。
まあ以前からティラミスは好きでしたが。


そんな当たり前のように毎回注文するティラミス。

私の目の前にティラミスが置かれると、瞬く間に顔の筋肉が緩んでくるさまを、ダンナ様は幾度となく目にしていることでしょう。


ある日、いつものように席に座り、注文をたずねられると、
「ティラミスお願いします。」


当たり前のようにオーダーする。




すると


店員「申し訳ありません。 ティラミスは今日はもう売り切れてしまいました。。。」










マジですか






落ち込み












・・・ありえない瞬間でした。







「ティラミスは今日はもう売り切れてしまいました」
 

            売切れてしまいました・・・

                   売切れてしまいました・・・





まさか・・・・そんな返事が返ってくるなんて・・・





夢にも思っていない店員からの返事に、私はただただ愕然としてしまいました。



すでにcafeに到着した時点で、ティラミス一色になっていた私のお腹は、この残念な結果にどれほど落胆していることだろう。


と、ついお腹の気持ちになってしまった。



というか、私自身がお腹の気持ちそのものになっていた。







まさに思考停止。







そんな私のただならぬ状況に、何か異変を感じた主人は


「ないのか。。。じゃ、何にする?」  と、


さっとメニューリストを差し出してくれた。



そこで初めてハッと我に返った私は、ようやく現実に引き戻され次のステップに頭を切り替えることができた。




この苦い経験があってから、店に入って席に着き、ティラミスを注文し、最後に店員が
「かしこまりました」
と言って去っていくまで、



私は一切気持ちを油断しないでいようと決心した。




どんな回答が待っていても、決して、冷静さを失わないように。



23:36 | nの日常 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

4歳児のありふれた日常7「たーちゃんなりの見解」

ta-chan&tomotan1



たーちゃん曰く、
「年を取った人」“大人ではない”そうです。



たーちゃん曰く、
「年を取った人」 は “年を取った人”と言うそうです。



そしてこう付け加えました。
「またの名を、 “ばあば”と言う」




らしい、です。






それをばあばに伝えたら、

「あ、   そう。。。」


と、乾いた返事が返ってきました。





続いて、

たーちゃん曰く、
「たーちゃんは、もう残さず食べれるんだよ。」(夕食時)



「えーすごい! 大人じゃーん☆」


たーちゃん
「・・・ちがうっ!!」




「え? あ、そうなの?」



たーちゃん
「たーちゃんは“お兄ちゃん”だもん!」




「“お兄ちゃん”は“大人じゃない”の?」



たーちゃん
「うん、ちがうよ! お兄ちゃんは“お兄ちゃん”って言うんだよ。」





だ、そうです




22:45 | nの育児 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

0歳児のありふれた日常5「最近できるようになったこと」

tomo



ともたんは最近
つたい歩きをするようになった。
ダイニングテーブルの椅子から椅子へ、横歩きに手を伸ばしてテーブル上にある興味深いものに手を伸ばす。。。

手にしてしゃがみこみ、幸せそうな顔をしてそれを観察し、かぶりつく。


私が目の届かないところにいる時、静かだなと思っていると、最近は大抵、こういう光景が飛び込んでくる。
口にほお張って嚙んでいるものは、そのほとんどが、他人が見てあわてて取り上げなきゃならないものばかり。。。

テレビのリモコン、DVDプレーヤーのリモコン、ビデオデッキのリモコン・・・ってリモコンフェチかよっ。


あとティッシュペーパーや食卓フキンに関しても常習犯。


私がきちんと、手の届かないところに置いていなければならないんですよね・・・・反省。


そんなともたんも、少しずつ芸ができるようになりました。

ちょっと前からは、タオルやハンカチが傍にあると、それで顔を隠して、「いないいないばあ」をやって笑ったり。

あと、うまく文章で説明できないんだけど、唇の力を抜きながら、ぶるぶるぶるーっって声を出しながら息を吐いて唇を細かく震わせるワザ(うまく伝わってるだろうか。。。)

近頃やるようになったのは、口に手のひらを当てたり離したりして「あわわわわ~☆」って声の強弱を自分で楽しんだり。

つい先日覚えたのは、手を振って「バイバイ

パパが会社行くとき、遊びに来てくれた人が帰るとき、みんなが玄関を出た後、「バイバイ」って声出しながら手を振ってます。
せめてみんながいるときにバイバイしなさい

あと、最近部屋にいるとき、大好きな海外ドラマのDVD「奥様は魔女」を見てるので、あの有名なオープニングテーマが流れると、両手を上下に振って喜びます。

とまあ、できる芸はこれくらいです。


あとしゃべれる言葉は、パパとばあば。
それと「た、た、た、」とか言ってます。もしかして、「たーちゃん」を呼んでたりして!?

ママ、、、とは、まだ言ってくれません。。。カナシイ。





22:04 | nの育児 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

久々にコナンの感想(ネタバレ含む)

コナンのコミック60巻を買いました。

その前に、一言添えると前回の巻についてはまったくブログで触れなかったのは、単に忙しくてめんどくさかったからです。


黒の組織がらみのことが前回から続いてるので、頭の中ではいろいろ考えてて面白かったんですけど、文章で自分の考えをまとめたりするという時間がなかなかなくて。。。


60巻もなにやら進展がありましたね。新しいキャラの登場です。「沖矢昴」という男性です。
雰囲気が、思いっきり「月9」ドラマ、ガリレオの「湯川教授」でした。

この人は、「死んだはずの赤井秀一」ですね。前回の内容を読んでも、重要キャラであるゆえ死んでいるとは思ってなかったし、沖矢昴の行動や、その後のコナンとの会話からして間違いないと思います。

そして、もう一人、新しい人物の名前が登場してきました。
その人物は、情報収集および洞察力・観察力がずば抜けて長けていて、灰原を探るために動き出した黒の組織の仲間「バカボン」。


・・・・ではなく「バーボン」です


彼はたぶん60巻までに出てきてないと思います。私の予想では。
もし、既に登場していると無理矢理考えるのならば、やはり変装しているのでしょう。
情報屋でずば抜けた探り屋であるのだから、いろんな人物にさりげなく近づいて灰原らしき人物を知っているかを、これまたさりげなく聞きだすつもりだと思います。


一番手っ取り早いのは、組織(特にジン)がまだ“目”をつけている毛利小五郎の周辺に現れてるのではないか、と。だから毛利小五郎に近づいてきた人物はとりあえず疑ってみていいのではないかと。


もひとつ、謎の転校生として現れていた「本堂瑛祐」編も、いろいろと解決され彼はアメリカへ旅立つようです。
そして父や姉と同じ道のCIAを目指すそうですね。
しかし、私は彼が毛利欄を好きだったというのは、正直気づきませんでした。

その告白に思いっきり引っかかったコナン、、、。あんな手に引っかかってることがジンに知れたら、あっという間に工藤新一ってバレます。。。
それに、もしその本堂瑛祐が組織の誰かの変装だとしたら、あなた、即コロサレテマスヨ。。。

私はあの、欄が好きって告白をした本堂瑛祐でさえ、はじめ読んだときはこれは、実はベルモットの変装じゃ・・・って疑ってたんですけど。
でもこれは外れてるかな、やっぱ。。。あの会話の様子じゃ、もう本堂瑛祐は登場してこなさそうだし。。。

さて、今後はバーボンの出方と、沖矢昴の行動に注目して行きたいと思います。


22:31 | nの読書 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

内緒話

たーちゃんは、最近“耳打ち”に凝ってます。

何が楽しいのか、私に何か話すことがあるわけでもないのに、唐突に
「あ、ママ。ちょっとちょっと。」
といって、私の耳に近づいてひそひそ声を出します。
たいていは話すことがもともとないので、意味不明な言葉の羅列を言って
遊んでるだけなんだけど、今日は珍しくちゃんとした内容を耳打ちしてきた。

ひそひそ。。。「あのね、たーちゃんね、夢でね、仮面ライダーとゲキレンジャーが出てきてね、やっつけたの」

この夢の内容は、わざわざヒソヒソと教えてくれなくても、よくこの手の夢を見ているたーちゃんがパパやママに普段から語ってくれてる事なんだけど、ヒソヒソ言いたいが為に、敢えて、声を小にして打ち明けてくれたのだ。

私は「へえー。そうなんだ~。」

たーちゃんの話したとおりの文章だと、実際(といっても夢だが)、夢の中の仮面ライダーとゲキレンジャーは誰かをやっつけたのか、あるいは二方がたーちゃんにやっつけられた、という意味にも取れますが、はたして。。。

ま、この際内容はどうでもよくて、要は、たーちゃんの内緒話に乗ってあげることが重要なのだが。


「そっか~~。 ママは夢に出てきた?」

私がさりげなく尋ねると、たーちゃんはうなづいて、力強く会話を続けた。
「うん。でてきたよ。
ママがね、家の中にいてね、そこにゲキレンジャーと仮面ライダーが来てね、あのね、家をね、ボコッってやったの。」


正義の味方なのに、やってることは完全な犯罪ですけど。



ま、ま、気にせず、私は先を促す。

「え~!?そうなんだ~(^_^) ママ、怪我しなかったかなあ?」


そう言うと、たーちゃんは
「あ、大丈夫だと思うよ。 別に、なんともナイナイ。ちょっと頭がつぶれただけ(笑)






大丈夫どころか、ママ重体じゃん




・・・新年早々、さりげなく怖い夢を見ないでもらいたいものだわ(・。・; 








ちなみに先のたーちゃんの 「~なんともナイナイ。」というセリフは、
近頃ハマっているヤッターマンのエンディングの歌詞に無意識に乗っかってみたものだと思われます




00:00 | nの育児 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

3学期開始

今日からたーちゃんは、幼稚園の3学期の始まり。

休みボケもなく元気に登園して行きました。

ともたんもそんなお兄ちゃんを元気いっぱいにお見送り

今日は3学期の一日目だったので、お弁当はなくお昼過ぎに園バスで帰ってきました。

いつものように一緒のバス停のお友達と近所の公園で遊んでから、家へと戻り昼食の時間。

食べ終わるとたーちゃんとともたんはしばらくおうちのオモチャで一緒に遊びます。

その二人のじゃれ合っている光景を見ていると、本当に暖かい気持ちになって幸せを噛み締めます。

いつまでもこんな幸せが続いてくれますように。。。




近頃一段と、後追いの激しいともたん、私は噛み締めた幸せを後にして、キッチンに向かうやいなや、ともたんの泣き叫ぶ声がこだまします。

そんな瞬間、

「ああ、早くこの時期が終わってくれればいいのに」



と思わずにいられません。。。




以上、新年のたーちゃん・ともたんの状況および、私の年明けに実感している「嘘偽らざるつぶやき」
をお送りしました。
22:38 | nの日常 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ぼやっきー。

今年になって早、5日経ちましたね~。

私はといえば、だんなさんの実家から、大勢でうちに来ていただいて、お正月をのんびりと過ごしておりました。
ともたんが小さいので、今回はこちらから実家にお世話になるのは遠慮させてもらいました。

みなさんは、どんな正月を過ごしていますか?

私は最近、去年の暮れあたりから、朝がめっきり弱くなりました。

急に年取ったんでしょうか?

今まではたーちゃんのお弁当作りのため6時20分の起床だったんですが、ここんとこ、そんな時間になんて、とても起きられません。

もう目が開かないんですよ。
体もだるくて布団から出られないんですよ。
寒くてではないんです。

うちは団地だから結構あったかいので。


このだるさと眠さに打ち勝つには、どうしたらよいでしょうか?

と、正月から悩みをぶちまけてみる。


一応栄養ドリンクなどを飲んでその場しのぎでごまかしていますが。。。













おーい ともたん。   寝てくれーーーーっ。






(母と父、心の叫び。)




本当の悩みは、だるさと眠さの原因である、ともたんがいかに夜、ぐっすり寝てくれるかってことなわけで。。。


って、単なるぼやきですが。


そうそう、タイトルで、シャレでボヤッキーと打ってみましたが、つまらないのはわかってますが、そんなの聞き流しちゃって、今度、日テレでヤッターマンやりますね。

その後かその前とかに、実写版で映画化もされますね。

でも、こんなだるさと眠気でボーっとしてそうな私ですが、数ヶ月前あたりから、たーちゃんに何か昔の面白いアニメを見せようかと、レンタルビデオ屋さんでたまたまヤッターマンが目に留まり、何本か借りていたんですよ。


そして、いつものごとく名探偵コナンを見ていると、見覚えのある影3人の姿がCMに映っているではないですか。

そう、ヤッターマンの敵・三人トリオの「ドロンボー一味」の姿です。


ヤッターマン復活と知る直前に、DVD借りて見ていたこの偶然、私には何か予知する力や、未来を察する力が備わっているのかな。なんて、おめでたい考えでいたのでありました。

ちなみにたーちゃんは、すでにヤッターマンのエンディングテーマを日ごろから口ずさむほど大好きになったようです。





と、かなりの余談で申し訳ありません。



正直あまり書くことが思いつかないので思いつきに書いてしまいまして、出だしの内容が“ヤッターマン”なんて、ほんとに自分はおめでたい主婦であると、つくづく感じます。

次回からはもっとまともな内容にしたいと思いますので、皆さん温かい目で見てやってくださいませ。。。



20:24 | nの育児 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Happy New Year!

新年 明けましておめでとうございます。


今年も、「nの喜劇」をどうぞよろしくお願いいたします。



2008年 元旦  鼠



20:33 | nの日常 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。