スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ともたんのお誕生会

今日、2月26日はともたんの誕生日


お祝いは、日曜日に家族みんなでおこないました。



オメデトウ~  ともたん  
祝1歳クラッカー

バースデーケーキ



拍手

自分に拍手~する1歳。




こちらはねえね夫婦とばあばからの誕生日プレゼントです

カタカタおもちゃ




あひーるちゃん






そして、 パパとママとたーちゃんからのプレゼント。


ビヨンビヨーンのおもちゃ




ねずみさんビヨンビヨン



上部にバネが付いていて、ねずみさんを引っ張ると、長いことビヨンビヨン上下運動します。

ねずみさんビヨmンビヨン2


ともたんもたーちゃんも、ねずみさんの動きに合わせ、それぞれオリジナルに体をピョンピョン飛び跳ねて、激しく興奮してました。


そして、誕生日の今日、午前中に主人の実家から大量のお菓子とお祝いが包まれて送られてきました。

みんなにお祝いされて、幸せ者のともたんです




         でしゅButterfly25
ともたんアップ





1年はあっという間でした。


この先も、過ぎてみれば、 あっという間なんだろうなぁ。。。





そして  興奮冷めやらぬお誕生会の翌日から 兄のたーちゃんはちょっと風邪気味です。。。jumee☆faceA122




スポンサーサイト
11:27 | nの育児 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

鼻が目立ってるが唇の話

tomo's mouth



ともたんの口は、 おちょぼ口。

たーちゃんの口も おちょぼ口。

でも、ともたんは生まれてしばらくは、おちょぼ口ではなかった。


家族のだれにも当てはまらないくらい、うっすーい唇をしていた。



それが、表情が出てきて、声を出すようになり、動きが活発になってくると、

いつの間にか唇が分厚くなっていた。



これは どういうことだろう。




もしかしたら おなかにいるときに、唇はまだ出来上がってなくて、生まれてもなお唇が成長段階だったのではないか。


あるいは


遺伝子が家族を見て、「こ、この唇は!!」



と、違いを認識し、

慌てて生まれた後、顔の皮膚でいた細胞が、直ちに唇となるよう
遺伝子に命令されたのかもしれない。



あるいは、

「ともたんって 唇薄いよね」


と親がのんきに話しているのをともたんが聞き、


一種の自己暗示で数か月の間に、ともたん自身の力で唇を分厚くしたのかもしれない。
(イメージトレーニングとかいう方法で)

赤ちゃんの能力は計り知れないというし。



ならばついでに、君のその無限の可能性で

一重の目を二重にしてみてはどうか。
いまのところ、 全く動きはないのだが。。。

寝起きのときだけ、 一瞬二重になるんですけど。。。 って これが精一杯?




11:06 | nの育児 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

思わずハッキリと。

TELEPHONE





今日私は やってしまいました



とあるデパートに、商品を注文しようと電話をかけたのでした






私     「もしもし、○○《商品名》を届けてもらいたいんですが」




受付   「それは、"配送" ということですか?」












私     「はいそうです笑う

















!!  












うっわ~~~っ






言ってしまった 言ってしまった。









無意識の"ダジャレ" !








言っちゃったよ~~~~っ










ア~   びっくり。










でも、なんだか そのあと





久しぶりに  




ひとり 楽しい気分になりました






11:17 | nの日常 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アンティークのタイプライター

1930年代のタイプライター

typewriter

大きい。そして とんでもなく重い。





鉄でできてます。 

typewriter1





typewriter1






アンティークのタイプライターにあこがれていて(ボタンフェチなため)、ようやく見つけてオークションでGETしてしまいました。


この重厚感、堂々とした佇まい、存在感、やはり現代のパソコンにはない魅力です。


typewriter2





パソコンでは決して味わうことができない、 一つ一つに重みがあるハンマーの打ち込み。


typewriter8




重いキーを強く打ち付けるたびに、先端に活字のついたハンマーが、ローラーに巻かれた用紙の上に一文字ずつ印字されていく。。。
そしてキーを一つ打ち込むたびに、毎回一文字分、左へカタ、カタ、と用紙がローラー本体ごとずれていく様は、その風格と威厳さとはうらはらに、打つ人の気持ちを代弁しようという従順さ、ひたむきさを感じずにはいられない。



typewriter5



キーを打鍵した力の強弱によって、印字される文字の濃淡もさまざま、活字の位置もかすかに上下いびつなため、印字された文字列も少し凸凹状態となっている。
でもそれがかえって味になっていて良い。




せっかく待ちに待ったタイプライター、時々文字を打っては一人ほくそ笑んでる私は
若干気持ち悪いでしょうか?

しかし、そんな私を明らかにあきれ返って見ている旦那以外、うちの家族(たーちゃんとともたん)が
まもなくこの"重い鉄の塊"を見つけ出した暁には、完全なオモチャと化していることは、疑う余地はない。


それだけは断じて避けたいのだが…







23:17 | nの雑貨 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

4歳児のありふれた日常12 「子供から学ぶ不思議」

たーちゃんが 最近 こんなことを聞いてきました。




「ママー?   たーちゃんさー、 生まれてくる前 どこにいたの?」














ん~   どこにいたのでしょう・・・?







私はとりあえず こう切り返しました。



「どこにいたと思う?」
(質問を質問で返す姑息な手)





すると たーちゃんから 答えが出ました。







「んっとー    地球。









地球









なるほどー    そう  なのかなあ・・・(笑)?






12:02 | nの育児 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

4歳児のありふれた日常11 「お遊戯会」

幼稚園お遊戯会






土曜日は、幼稚園のお遊戯会でした。



たーちゃんのクラスは歌と踊り。


歌った曲は、「おもちゃのちゃちゃちゃ」と「数字のうた」。

踊った曲は「ワッショイ ワッショイ」とかいう歌。



踊りは両手に紙で作った楽器?みたいなのを持って手を振り、おしりを振り
とってもかわいらしかったです。




終わった後会ったお友達のママにも、「上手にできたね!」って誉められて
照れるたーちゃん。


来年と再来年は、たぶん劇をやると思います。

気が早いけど、劇をやる子供の姿を見ることに少し憧れてるので

今から楽しみですLOVE









23:41 | nの育児 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

0歳児のありふれた日常9「すきあらば」

ta-chan&tomotan





たーちゃんのご飯をこっそり頂戴しようとするともたん








0歳児なのに










抜け目ない。。。






22:12 | nの育児 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

My Valentine

今日は バレンタインデー。

with card5thAvenue15thAvenue2ta-chan's Valentaine



主人には 過去記事でもどこかで紹介した(気がする)5thAvenueの生チョコを贈りました。

今回手作りチョコが作れなかったので
代わりに手作りのメッセージカードを添えて(写真:一番上)。。。


たーちゃんにはミッキー&ミニーのチョコを。
こちらもメッセージカードを一緒に渡しました。


たーちゃんは幼稚園のお友達(GF)からもらえるのを、
若干期待してたらしく?

朝、「今日はバレンタインデーだよね?」って
何度も私に確認してましたw



でも、残念ながらお友達にはもらえませんでした~。。。
来年ガンバレ!


私がたーちゃんに添えたメッセージは 写真の通り

「 ○○へ
だいすき

  ママより 」


です(*^。^*)






ひらがなを読むのが好きなたーちゃんは 案の定

私の期待通り


○○へ




"へ(え)"



思いきり "へ"


と声を大にして読んでいました。




なんとなく予想してたので、妙にうれしかった。






いつの日か、山のようにチョコを抱えて持って帰ってくる日が、この二人の息子たちに

訪れるだろうか…


そしたら親は、食べきれない分を処分してあげることになるのだろうか。






・・・・・・。



一瞬、





いったい私は何を期待しているのかわからなくなりました。。。






23:55 | nの日常 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

朝から癒されてます。

今朝。



mountain




あまりに綺麗だったので 撮りました。






ついでに











あまりに かわいかったので 撮りました。。




tomo3


でもピンボケ・・・。






10:49 | nの日常 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「童謡」一年生になったらの真実

むか~しむかし、 つれづれなるままに、日暮らし ホームページというものにむかひて、こころにうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるしいものが出来上がったので、載せてみんとてするなり。
《超訳》 昔作ったHPに載せた内容ナリ。 決してネタ切れではないナリよ。 byコロ助



"童謡「一年生になったら」 を歌って 気づいたこと"




♪いちねんせい に なったら♪


♪いちねんせい に なったら♪


♪ともだち  100にん  できるかな♪


♪100にん で 食べたいな♪


♪富士山の うえで  おにぎりを♪


♪パックン  パックン   パックン  と♪






↓パックン。
パックンでーす

「with me?」






一緒に食べたい相手は、"パックン"とだけでした~ 。。。





って~~オチ(^^ゞ



お粗末。。。






12:30 | nの雑記 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

4歳児のありふれた日常10 「問題です」

Calculator




たーちゃんは今、足し算に興味があります。


適当に思いついた数字の足し算を、私にクイズにして出してくるのだ。



とにかく、"すうじ"というものに興味があるらしい。




「えっと~~、0+100は?」

私 「100!」




簡単な足し算でも真面目に答えるこの性分。





「えっとじゃあ、 100+100は?」





たーちゃんが問題を出し、
「200!」

と即座に回答。




答えが合っているかいないかは、たーちゃんには問題ではない。 ただ、自分の出した問題の答えを、ママが回答する、そのやり取りを楽しんでいるのだ。
しかし私は真面目に頭の中で暗算している。




そして、



いくつかの問題が過ぎると、たーちゃんなりに少し、"レベルアップ"する。




「じゃあ、、、250+55は?」










・・・・・「305。」




「じゃあー、 60+2+2+2は?」





・・・・・・・・・・・・・・・「66。」





たーちゃんはいつまでも飽きずに、さらに問題は続く。







「じゃあねー、今度はイジワル問題を出すよー。




なんと   今日 はじめて 足し算問題にひとつ、変化が現れた。



私は 少し 身構えた。



たーちゃんからの問題。

「えっとー、 10+60は?」









・・・・・・・・・・・「・・・70。」






・・・・・どこが イジワル問題やねん。。。





さっきより 簡単になってるし。。。^^;









さて、 明日はどんな"難題"を用意してくるか、私も何気に楽しみにしている(*^。^*)









21:56 | nの育児 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

マイスケジュール

ヴィトン手帳




OL時代に愛用していたヴィトンの手帳を、久しぶりに引き出しの奥から出してみた。

2008年のスケジュールは、再びこのヴィトンの手帳に活躍してもらおうと思う。
理由は単純、久しぶりに使いたくなった、それだけのことだ。

たーちゃんが生まれた年から数年間は、手帳自体を持ち歩くことはなかった。
子育てを家でおとなしくしている分には、スケジュールを組むことなど必要なかったから。


しかし、たーちゃんが2歳近くになると、地域の育児サークルに参加するようになり、また習い事もするようになり、ママ友との付き合いも増え、いつの間にか頭の中だけで日程を記憶するのが困難なほど、予定が増えていくので、
「こりゃあいかん」と、
スケジュール帳に記録する必要性が出てきた。



ちょうどその頃、わたしはテレ朝で米倉涼子が演じていたドラマ「黒革の手帖」を観て、
彼女に非常にあこがれた。

彼女の役柄は、銀座のママだった。
ちなみに私は、子育てに奮闘する○○市のママ
似ているようで二人は大きく違う。

しかし私は彼女の役柄にあこがれた。
私も彼女のように・・・という思いは強くなっていき

思い切って実行に移すことにした。




そして・・・ついに、私は彼女と同じものを手に入れた。


そう。


それは、黒革の手帖



・・・真似たのは、彼女の生き様ではなく、彼女が"銀座一のママ"に登り詰めていくのに必要不可欠だった、黒革の手帖だ。


彼女のは分厚くどっしりとしていて、いかにも重要な秘密がそこに隠されていそうな重みのある手帖。

しかしそこまでのモノは、専業主婦で子育て奮闘中の私には必要ないので、もっと軽い感じの「黒革の手帖」をセレクトした。

そして、、、ソレというのがこれ。






黒革の手帳



うすっぺらっ  て感じですが、

これだって「黒革(合革)の手帖」に変わりない。


ちなみに写真は昨年のであるが、おととしも同じ黒革の手帖を愛用していた。
米倉涼子のと違って、薄くて持ちやすくてページを開きやすいので、使いやすさは抜群である。
安物ではあるが、数ある類似品の中でも合皮の質感と、触りごこちのいいモノを選んだのは当然のことである。


しかし、今年は黒革の手帖から少し離れてみることにする。


改めてヴィトンの手帳と、私の黒革の手帖を比べてみると、、、





やはり本革の高貴な匂いとその気品には、ソレはかなわないらしい。。











23:36 | nの雑記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

0歳児のありふれた日常8「二足歩行まで、あと一歩」

tomo'sファーストシューズ




ともたんのファーストシューズです。

これは"無印良品"で購入したもの。
足のサイズ、13cm



ともたんはこの週末、つかまらずにその場でしばらく立つことが
できるようになりました


と言っても、まだ立っていられるのは 長くて10秒ほど。


歩いたら歩いたで、大変なんだろうけど、ともたんがヨチヨチ歩く姿も
早く見たいナ。。。



22:32 | nの育児 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

おにいちゃん と おとうと

たーちゃん&ともたん




ともたんが、たーちゃんに自分のお菓子をあげるマネをしているところです。


仲良しこ良しで なにより

ともたんは、何かをつかんだら、それを近くにいる人に
「どーぞ。」
と渡すのがブームなようで。

でも、なかなか掴んでる手を離さず、結局くれないのだ。


パンチやよだれ攻撃は、さんざんくれるんだけど。。。





22:40 | nの育児 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

4歳児のありふれた日常9「子供の遊び」

カード遊び1たーちゃんアップカード遊び3カード遊び2




たーちゃんがいまハマッっている "カード遊び"いろいろ。



はじめは幼稚園でもらった動物の絵を合わせる(神経衰弱みたいなやつ)カード遊び。

その次に、お正月の遊びということで、ことわざが載っている"カルタ"。

それからカード遊びに拍車がかかり、ミッキーの絵柄のトランプも購入。


トランプで今のところできる遊びは、"ババ抜き"と"ジジ抜き"。


家にいるときはこれらのカードで「あそぼ!あそぼ!」と、
パパとママにせがむたーちゃんですが、

やってあげたいのはやまやまだけど、何しろ我が家には、カードを見たらすかさず
それを捕らえにやってくるハンター?がいるのです。

その名は "ともたん"。


ともたんがそばにいると、カード遊びも簡単にはできません。

ともたんが触れないように、ダイニングテーブルの上でやっていても、
「触らせろ~~っっ」とともたんは泣きじゃくる。
触ったら触ったで、すぐそれを口に入れて、カードをぐちょぐちょにしてしまうともたん。。。



やめてほしい。。。



そんな目の前に魅力的があるのを触れず、我慢しているともたんもかわいそうだし、

かといって、せっかくカードゲームという、素敵な遊びの存在を知ったたーちゃんが
遊びたいときに、遊べないのもかわいそう。。。


親としては、それらの対応にどうしていいやら、、、ととっさな対応ができず、
まだまだ未熟な夫婦。。。


たーちゃんには、ともたんが生まれてからどうしても我慢ばかりさせてしまっているから、
時には自由に好きにさせてあげたい。

そういう思いはあるのに、現実は親の勝手な都合とか、泣きじゃくるともたんの
頑固さに負けて、ラクな道(たーちゃんに我慢させる)を選ぶ始末。。。
反省。。。


そんなたーちゃんにも、この間さらなる新しい魅力的なおもちゃがやってきたのですが。。。



それはまた 別の 話。
(《ドラマ》王様のレストラン風第2弾(笑) )
↑↑↑
以前にも使ったこの文末。。どの記事で使ったかは、すんごくヒマな人のみ探してみてください_(._.)_




22:54 | nの育児 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。