FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

「推理小説」を読んで(ネタバレ)

推理小説 秦建日子著

今日 「秦建日子」の「推理小説」を読み終えた。
そう、今フジテレビでドラマ化されている「アンフェア」の原作。


2話目だけしか見ていなくて、その時にこいつが真犯人じゃ・・・と思っていたんだけど、その予想が正しかったかどうかを原作で先に見たくなった。


作者のプロフィールを見てみると、以前日テレでドラマ化された「共犯者」も彼の作品らしい。もっともこの「推理小説」が彼の作家としてのデビュー作のようだが。



アンフェアにこだわるこの作品もそうだが、「共犯者」も納得いかない結末だったので、読者を後味悪く感じさせる(でも “シテヤラレタ”)と思わせる内容のものが好きな作者なんだろうなあと思った。


結果、ドラマの2話目だけ見て予想した真犯人に疑いをもったまま、本を読み進めていったのですけど、本当にそいつが真犯人という、意外な結末を期待する読者の気持ちを逆に裏切ってくれた作品でした(^^)

簡単なあらすじですが、正直ちょっと難しいのですが私なりの解釈と言うことで説明すると、

この犯人は、常に「リアリティ」にこだわる人物。


推理小説で芝居がかった悲鳴やら表情やらを下品と思っていて、実際に殺人事件が起こったからといって大げさに嘆き悲しんだり動揺したりするとは限らない。そんなリアリティのない表現ばかりの小説を駄作に思う彼は、自分の作るリアリティある小説こそ、最高の作品だと思いこむ。そして小説の通りに自ら殺人を起こし、周囲や自分の反応を観察、あるいは逆に、殺人を起こした後の言動や心理描写をそのまま小説にし、作品を完成させていく。
その小説を上・中・下と出来上がった順にオークションにかけ出版社が落札しなかった場合、小説の通りに犯行を実行していく、と言う話。


ドラマではもう一つのテーマとなるアンフェアな部分に重点を置いているらしい。(何せドラマのタイトルがそれだもんね)
この犯人は毎回犯行現場に「アンフェアなのは誰か」と書いてある栞をいつも残していっている。

この栞の存在によって、「おそらく犯人はアンフェアな態度をとったある人物に対しての、見せしめの犯行なのではないか」と読者は思うだろう。


しかしその期待は外れることになる。
実際にアンフェアだったのは犯人自身だったのだ。
それは、いつも小説通りの行動をする犯人が、「犯人は最後に嘘はつかない」という彼の小説の内容を裏切って、結末にいく直前で、ある嘘をついたからだ。

だからアンフェアなのは犯人自身、そして自分がそんな行動をとったことがリアリティだと言いたかった、のだと思う。
「現実には、どんな信念を持っていても、その場の状況で考えが変わることだってあるでしょ」と言うのが彼のリアリティ。



少し気になったのが、実在の有名人や、実際起こった事件などを伏せ字とはいえ物語の中で織り交ぜたりするのは、リアリティはあるだろうけど、キレイではない気がした。
自分の作品が後世に残るかどうかなんて考えないで作ってしまったような気もした。
リアリティを追求するなら、タモリや浜崎あゆみを文中に入れてくるのは必要なことだったのかも知れないが、そういうのに慣れてない私は非常に違和感があったし、何十年か経った時に読んだら、その名前の羅列に少し引いてしまう気がする。懐かしむというよりただ古くささだけが残り、アイタタな印象が・・・。個人的意見なんですが。


この小説が面白かったかどうかと聞かれれば、何だかその判断は非常に難しいというのが正直な感想。

ちょっとあまりない感じの小説なので面食らってるというのが本音ではあります。
なのでかなり時間が経って、他の小説をたくさん読んだ頃、いずれ(記憶に残っていれば)判断がつくかも。(←少し辛口かなーオホホ~

すこ~し読書はお休み、またしばらくしたら何か読みたいと思う。
スポンサーサイト

23:21 | nの読書 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
コナン | top | 「子供のマイブーム」

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://nnokigeki.blog46.fc2.com/tb.php/10-7ad8028d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。