FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

容疑者Xの献身(少しネタバレ)

さっきあまりにもざっと書きすぎた気がした。


私がトリックに気が付いた場所を具体的に言うと、
258ページの7行目の文章でした。
全てのトリックは見抜けなかったけど、ここを読んで死体の偽装工作がひらめいた。


そして、もう読み終わって数時間経った今、少し?なことを思い出した。


あの女性の娘の件は結局どうなったんだろう?


もう一度読むと何かつかめるのかな?

それともあの女性が出した結論は、最後にとった娘の行動と関係があるものと匂わせた、ということなのか?
娘の行動で決心がついたということか。


それにしても、私的にはあの終わり方はわだかまりが残ったものだった。

もう少し意外な展開が最後に隠されているのではと、期待していたのだがなんだか虚しさというか、寂しさというか空虚感が残った感じがした。
(最後、愛もへったくれもなく、別の人物(Kさん)を容疑者に仕立てあげちゃう大胆な展開になるかと(^^ゞ)
でもそんなコトしたら、今までの主人公の努力は全く無意味と言うことになってしまうモンなー。

でもっ でもっ も一ひとひねり!って感じではあった。


これって、論理的思考を持つ天才的頭脳の持ち主でも、人の感情に関しては計算できなかった・・・と言うことを言いたかったのだろうか?


何だかこれを究極の愛と取るのは変だと思うが、そこまで人を愛することが出来る主人公を、これまた幸せな人だとも全く思えないし。


単に愚かな愛のような気がしてしまう私は、冷たい人間でしょうか。
読み応えはありましたけど。
スポンサーサイト

23:33 | nの読書 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
愛ね 暗いね 名はトム・ジーク | top | 容疑者Xの献身

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://nnokigeki.blog46.fc2.com/tb.php/7-7baf0aba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。